なでしこブログ 「UCとお呼びっ!」
潰瘍性大腸炎の私の日記 (切っちゃった大腸の12ヶ月とそれから)
ごちそうさま。
20060531204231

「私の夕食」

ここんとこなんか心身共に、疲れ気味みたい。

お休みの今日は、カラダにやさしい野菜たっぷり「ポトフ」を作りました。

スパゲティーもちょっと弱き?に1・4?を使用。

今夜は、ゆっくりお風呂に入れるぞ。

只今「いい旅・夢気分」を観てます。

今日は、信州「安曇野」私の父の故郷です。
何度か行ったことあるけど、とってもいい所です。

また行きたいな?!
スポンサーサイト
ムシムシです。
ムシムシして、寝苦しかった。

ふと、目が覚めると、外が明るかった。

ケータイを見ると「えっ?」まだ5時だった。

そのまま、また寝ちゃおうと思ったのに、パウチが、破裂寸前なことに気づいちゃった。

ストーマくんが助けを求めてる?!

仕方ない。とぼとぼ・・・トイレへ。
「プスップスプス?ブリッ」

パウチの中は、ほとんどガスだった。

ベッドに入ろうとしたら、やっぱりムシムシする。

も?我慢できず、窓を開けてみた。

朝の爽やかな風が気持ちよくって、すぐにスヤスヤ・・・(-.-)zzZ

そんなささやかな私の幸せは長くは続かなかった。

何かを手に入れるために、何かを失うことになったりする。

『あ?運命は、なんて残酷。』

爽やかな風と引き替えに・・・うるさい!

「ブルブル・・バタバタバタバタ・・・・」新聞屋さん?

「ガラガラ?バッシャンッ!」
お向かいの〇木さんが雨戸を開けてる?

いくらお年寄りの朝とはいえ、早すぎですよっ!

結局、眠れたと思ったら、また起きちゃっての繰り返し。

当然、ぐったりな目覚めとなった。

みんなを送りだしたら、ストーマくんから、「パウチ、取り替えて?」のサイン。

ムズムズ、カユカユ。

耐えきれず、交換をした。

すっきり、さっぱりして仕事へ。

お昼は、スロームードで終わった。

夜の仕事は、ラストオーダー30分前から、突然のピーク。

ビビった。

普段、火曜日の夜って暇なのに・・・慌てた。

疲っれた?。

明日は、お休み。

夜ご飯、何食べようかなっ。

Someday
窓を開けると爽やかな風が気持ちいい朝だった。

だけど、ここんと、小さな幸せすら見つけられずに、つまらない毎日を過ごしてる私の心は、今日もイマイチ、パッとせず・・・

『早くここから抜け出したいっ!』

見てくれだけは、元気を装って仕事場へと、ウォーキング。

こんなヘタレそうな時こそ、志をう?んと高くしとかないと、更にとんでもない目にあったりする。

辛抱、辛抱。

『幸せの風よ早く私に吹いてこいっ!』

ちょっとフラフラ、クラクラ。
汗ばみながら、仕事場に着いた。

「♪めちゃくちゃっ好きやっちゅーねん?月曜日も火曜日も?♪」

FM横浜から流れてきたのは、只今絶好調、エロカワイイ倖田來未(さん)の新曲
「恋のつぼみ」だった。

ちょっとだけ、元気をもらった。

続けて流れた「Someday」何度聴いても、歌詞がい?んです。

今日も一日な?んか、つまらなかった。

仕事帰りに寄ったスーパーで見つけた、大好きな「男前豆腐」を買ってきた。

『おいしいんだよな?これ。』

大好きな物は、体にも魂にも少しだけ、元気を与えてくれます。

『明日も頑張るぞっ!』

いつの日か来るかな?私にも・・幸せだと思える日。

今日も買っちゃった。
幸せへのチケット、ドリームジャンボ二枚。
寝坊。
20060529001234

「招き猫ちゃんのきんちゃく袋」



「ハッ」として、枕元にあるはずのケータイをゴソゴソとまさぐりあてた。

「ひぇ?」10時だった。

私に限って寝坊なんてありえない・・・それがありえた。

慌てて階段をかけ降りると、干しっぱなしの洗濯物から、ぷんぷんと「ボールド」のいい香り。

幸せな香りでいっぱいのリビングになっていた。

そんな香りに、包まれながら、顔を洗って、歯を磨いて、お化粧を始めた。

そして、ソファーでは、息子がとっくに起きてた風で、テレビを見まくっていた。

私は、文句を言った。「何で起こしてくれないのよっ!こんなに遅くまで寝てるわけないでしょ!今度から、日曜日は9時になっても起きてこなかったら必ず起こしてよねっ!」
結局、今朝は、毎朝恒例のミルクコーヒーも飲めずに「行ってきまーす!」

玄関を開けると、雨は上がっていて、これから晴れる気満々の空だった。

あと30分起きるの遅かったらアウトだった。なんとかギリギリセーフ。

こんな時『私は、神に守られてる』と勝手に思っている。

寝坊から心機一転、気合いを入れて挑んだ仕事は、暇すぎて、また眠たくなってきた。

『あ?昼寝したい・・』
帰宅途中に寄ったスーパーのチャンスセンターで、今日はドリームジャンボを二枚買った。

これで私のドリームジャンボは只今5枚。

昨日、奴が10枚買ったら、もらえたらしい招き猫のきんちゃく袋に入れて、ラッキーエビスに、ぐるぐる巻きにしてみた。

どんな手を使おうが、とにかく当たればいいわけです。

締め切りの6月2日まで、あと何枚買えるかな?!
ありんこ
無事、中間テストを終えて結果も良好だった娘は、早速、早朝からバイトへ出かけた。

こーゆー頑張り屋で、働き者の女に限って、ろくでもない男に引っ掛かったりする・・・私の心配事のうちのひとつ。

息子は、ここんとこ、ほとんどリビングで生活している。

自分が寝るときは、リビングもダイニングも消灯しちゃって、私が仕事から帰宅すると真っ暗け。

『なんで私が、こんな暗い中でご飯食べなきゃなんないの・・?』

ここ2、3日、少々疑問を感じながら、息をひそめるように、遅い夜ご飯を、食べています。

ちょっとしみて、かゆくなりだしたストーマくんのパウチ交換をしていると、朝っぱらから、奴が騒いでいた。

二階に蟻んこがゾロゾロでてるらしい。

よーく話を聞くと、自分が食べっぱなしにしてた「コメッコ」に蟻がゾロゾロ来ちゃったみたい。

慌てて、その経路を辿ったら、二階の息子の部屋へたどり着いたらしい。

息子の部屋にもお菓子があって、奴は、そもそも息子のお菓子が原因だと言って騒いでる。

私にしてみれば、どっちもどっちの、目くそ鼻くそ話。

奴は、自分の部屋だけ何もなかったようにさっさと片付けて、息子に言っていた。


「お前の部屋が蟻の原因だから、全部どかして隅々まで片付けなさい。そうしないと、家中が蟻だらけになって、眠れなくなるぞ。必ず根絶してくれよ!!」

まったくやり口が汚い。

「洗えるものがあったら、洗濯機に入れといて、蟻が付いてたら気持ち悪いからさ、ジャバジャバ洗っちゃえば蟻も死んじゃうから大丈夫だからね。」

私は息子に言った。

奴が言ってきた。


「ばかじゃないか?!蟻はな?川も渡ってやって来る生き物なんだぞ!洗濯機くらいで死ぬわけないだろうがっ!蟻が集まれば象を殺しちゃうんだからな!蟻は、怖いんだぞ!」


誰か見たのか?蟻が川を渡ってるとこ・・・


息子が、渋々片付け始めた。


さてそろそろ行くかな?仕事。

そう思ったら、息子に呼ばれた。

「ドラムどかすの手伝ってくれ?」


ストーマくんに気をつけながら、よいしょ、よいしょ。

とんでもない朝だった。


今日は大安。


もうすぐ締め切りの「ドリームジャンボ」今だに、3枚しか買えてない私は、奴が、お隣さんから人命救助?の「お礼」に頂いた3000円で買っちゃおうと企んでた。

けど私は、仕事。

当たりそうな売り場へには買いに行かれない。

ちょっと困ってた私に奴が言ってきた。


「俺が買ってくるよ。そもそも、俺が人命救助してもらったお金なんだから。」


卑しい・・・私にくれたはずの3000円なのに。


奴は、昨日のなでしこブログを見たらしい。

「アメリカンジャスミンってどこにあるの?」と聞いてきた。

こんな時はこう答える。

「なでしこさんは、今は、おりません。なでしこさんへの質問は、なでしこブログを通してでお願いします!」

どーやら奴、昨日の皆さんからのコメントを見て、やっぱ自分がドリームジャンボが欲しくなったらしい・・・卑しい。
アメリカン・ジャスミン
20060527002426
今日も快晴。

目覚めると「女の子の日」が、来ちゃってた。

どーりで、昨夜は、仕事から帰宅して、何もかもが悲しくなって、ひとりでシクシク。

いい年して、恥ずかしいったらありゃしない?!

我慢しないで泣くことも、ストレス解消のひとつの手なのか?今朝は、ちょっと気分がスッキリしてた。

ちょっと生理痛・・だけど、今日も仕事場へウォーキング。

玄関前に置いてある「福幸(フクシア)」のピンクの花が可愛く満開です。

そして、朝から、いい香りを漂わせてくれているのは、今や空き家となっている、お隣のお庭の「アメリカン・ジャスミン」

同じ木に、濃い紫色と、うす?い紫色と、白色と、3つの色の花が咲き乱れています。

『不思議だ?』

この世の中、不思議なことって、まだまだいっぱい。

なんたって、私、自分のお腹から出てる、ストーマくんの構造、いまだに不思議ですから。
人命救助?
夜中に交換したばかりのパウチの中には、昨夜食べた餃子の具であろう物体・・ストーマくんのまわりにも、ごっそりとへばり付いていた。

『こりゃ?すごいわ・・』

どしゃ降りに雷ゴロゴロの後の朝だけあって、そりゃーもう爽やかだった。

お化粧が終って、着替えてるあたりで「ピンポ?ン」

こんな朝っぱらの忙しい時に・・「は?い!」下半身は、まだパジャマのまんまだった。

何かの勧誘だったら嫌だし、まずは、インターホンで。

「前のY木ですけど?」

仕方ないから出た。
どーせ、ごみの掃除の当番の札でも回ってきたのかと思ってたら違った。

「あのね、何か、おたくのお隣のK村さんが、おたくに助けてほしいって言ってるんだけど、ちょっと聞いてあげてくれるかしら!?」

年配の方に頼まれたら「はい。」と言うしかありません。

高齢社会とはいえ、我が町は、古株の年配の方がとっても多い。

玄関を出てふとお隣の家を見ると、二階のベランダにおばさんがいた。

私を見るなり「あの?すみませんが、シャッターが開かなくなってしまって、開けてもらえませんか??塀を乗り越えて、あそこの窓から入って来てくれませんか??」

一方的に喋りまくってた。

このおばさん、かるく70才は越してる風だけど、とにかく声が、かん高い。

このお隣のK村さんは、ずーっと売れ残っていた、ウチの隣の土地にお家を建てて、つい半年ほど前に引っ越しきた。

私も忙しいので、顔を合わせることは、ほとんどありません。

一方的な話を聞き終って、聞き返した。

「あの?玄関からは入れないのですか?」

「息子が出かけたあと、私、中から鍵かけちゃうから、玄関は、開かないのよ。塀を上ってあそこの窓を開けると流し台だから、そこから入ってきてくれませんか?」

確認の為、その窓を見た。

『高い・・・』

その窓は、私の背丈くらいの位置にあった。
明らかに、ストーマくんが危ないっ。

「ちょっと待って頂いていいですか?」

ウチに戻った。

歯を磨いてた奴に言った。

「なんか、お隣さんがベランダで、シャッターが開かなくなって大変らしいんだけど、玄関は開かないから、窓から入ってきて、助けてほしいって言ってるんだけど・・私じゃ上れないから、ちょっと見てあげて。」

面倒くさそうに奴は見に行った。

しばら?くして奴が戻って来た。

「大丈夫だった?直った?」

「直ったよ。ベランダで洗濯干してたらシャッターが閉まちゃって家の中に入れなくなって慌ててたらしいよ。息子さんは仕事柄、夜中の2時にならないと帰って来ないんだってさ。」

そう言って奴がテーブルに「ポン」と置いた白い封筒には、急いでたんだろうけど、こ汚い字で「お礼」と書いてあった。

封筒に「お礼」とあれば、もちろん中身はあれ?!

奴がいなくなったのを見計らって、中をチラッと覗いた。

卑しい私の想像の三倍が入ってた。

すなわち3000円。

けど、お隣のシャッターを直してあげて、お金を渡されるって、ちょっと・・ね。

もちろん、私が頂いたものではないので、そのままテーブルに置いておいた。

奴が来て言った。

「あのおばさん、ありがとうございましたって言って、俺に一万円を渡してきたんだよ。お互い様ですから、いりません。って帰ってきたら、外まで裸足で追い掛けてきて、これを渡されてさ。仕方ないから受け取ったよ。なんか変だよな。こういうお金、とっておいても仕方ないから何かに使っちゃったほうがいいよ。人命救助代だと思ってありがたく使っちゃいな!」と奴に渡された。

それならお言葉に甘えて・・・3000円ときたらやっぱあれでしょ?!ねっ!

ぱんぱん。
今日はお休みなので、朝からやる気だけはいっぱいで片付け開始!


タオルケットやらシーツやら・・・でかいものも洗濯して、慌てて干した。

散らかってるリビングが妙に気になって、ダイニングテーブルの向きを変えてみた。

それだけで、何か、でかい事をやってのけた達成感。

やっぱ私の脳みそは、相当、単純。

「腹が減っては、いくさはできぬ」なんだから、もちろん片付けもできぬ。

途中で買い物に行くことにした。

夜ご飯の餃子の材料とお昼ご飯を買って帰宅。

お昼ご飯を食べたら、眠たくなってきて・・・
「いつも頑張って働いてるんだから、いいか?」


勝手に自分で評価しちゃって、だらだら、そしてしばし、グーグー。

起きたら、何だかだるくなっちゃって、『餃子作るのめんどくさ?い!』

けど、そこで負けたらただの人?!

キャベツやニラを細かくトントン。

そんなことしてるうちに、グータラ根性はいなくなった。

テレビを観ながら黙々と餃子を包んだ。

出来上がって焼き始めたら「ピンポーン」

息子が、ずぶ濡れで玄関に立ってた。

制服からは、水がジャバジャバ垂れてます。


「もぅ?降りそうなんだから、何で早く帰って来ないのよ!」

「部活やってたら、学校に爆弾を仕掛けたっていう電話がきて、避難してたんだよ。警察だって来たんだぞ!」

逆に怒られた。

まったく、物騒な世の中ですね。

それにしても「餃子食べ過ぎた? お腹パンパンだ?。」
出来たっ!
20060524203628
いただきま?す!
ちょっと一杯!
20060524203616
焼き上がるまで、ちょっと一杯いただきま?す。
100個!
20060524203038
仕事がお休みの今日の夜ご飯は、餃子にしました。
大きくな?れ!
「人生、山あり谷あり」結婚するまでは、そんな言葉には、縁もゆかりもなく、のんびりと生きていた。

今ごろになって、親に感謝。

「奴」のおかげ?で、大腸までも、失っちゃった?!

今だに奴は「お前の大腸がなくなったのは、俺のせい?!」と、わけのわかんない質問をしてくる。

まったく『ぬすっと、たけだけしい』とはこう云うことを言うに違いない?!

「あと、何のせいがあるの?!自分の股に手をあてて、よ?く考えてみなよっ!」

潰瘍性大腸炎は、難病なんだし、確に原因なんてはっきり言えるはずないんですけど・・・ね。

なっちゃったら、もう治らないから難病なのか・・?

なっちゃった原因がわからないから難病なのか・・?

どっちなんだ??

次の外来で質問してみるかっ。

もうすぐ大腸を取って一年半。
優しい人達に支えられて、やっと谷間から這い上がれそうな私です。

実は、そんな私の体に異変がおき始めている。

母乳が出まくった授乳期を除いては、ずっと「まな板にラズベリー」だった私の胸が、ここんとこ、ムクムク成長してきた。

お風呂に入る時、鏡に映る自分の姿を見るたびに、そう思ってた。

けど「まさか・・そんなバカなこと・・」

気のせいだと自分に言い聞かせてた。

娘に言ってみると「ありえないよ。だって、胸の成長は二十歳までなんだって。多少、前後があるって言ったって、二十歳から、どんだけ過ぎてるとおもってんの?気のせいだよ。」

そう言われて、『やっぱそうだよな?気のせいか。』と納得してた。

つい2、3日前のこと、仕事に出ようと着替をしてたら「奴」がジッと見てる。

そして、近付いて来た。

「きゃー!!」

「何か・・大きくなってないか?おかしいぞそれ。ひょっとして乳癌じゃないの?」

乳癌で胸が大きくなるのか・・?しかも両方だし。

しこりもないし、今のところ何の問題もない。

「いいよ、K先生に診てもらうからっ!あっち行って!」

もちろん、そんな専門外なとこ、K先生が診てくれるはずありませんけどっ!

すきを狙って触ろうとしてる、いやらしい「奴」

『今まで、ほかで散々触ってきてるんでしょうからっ!』
また、大げんかになっても面倒だし、さすがに口には、出さなかった・・



大腸取ってから、今まで以上に人の優しさが身にしみる私です。

この胸の中は、きっと愛でいっぱいなのかも・・・???

ひょっとして、愛は奇跡を呼ぶのかも知れません。

もっと大きくな?れ!
大和芋
窓を開けるとかなり涼しい朝だった。

都会でも、朝の8時半くらいまでは、そこいら辺にマイナスイオンが漂ってるらしい。

テレビか何かで前に言ってた。

ほんとかどうかは、ちょっと疑問だけど、一応、毎朝吸い込んでみてる私。


息子は、相変わらず食欲がないらしく、お弁当は食べる自信がないから、作らなくていいと言われた。


「もし食べたくなったら、何か買うからい?よ。」本人がそう言うんだから、そうする事にした。

娘も、今日は、お弁当がない日。


時間も空いたことだし、ストーマくんのパウチ交換をすることにした。

かぶれも、もうちょいで治りそうで、ちょっと安心。


いつまででも、眠っていられそうな、快適な気温だけど・・仕事へ行かなくちゃ!

ウォーキングも快適だった。


仕事場に着くとFM横浜は、「福山雅治」さん特集。

特別、ファンじゃないけど、福山さんが女心を歌う曲は、大?好き。

「Squall」と新曲「MILK・TEA」が連チャンで流れてきて、ちょっと幸せな気分になった。


お昼の仕事が終って帰宅。


食欲がない息子のために、さっぱりした夕御飯にした。

「まぐろの山かけ」と「冷奴」と「あさりの味噌汁」よく考えるとこのメニュー、調理と言えば大和芋をすりおろすだけ?あと味噌汁の味噌を溶くだけ?だった。


今日買った千葉県産の大和芋は、とにかくすっごいネバつき。

水分がまるでなくって、おろし金の穴から下に出てこない。

それを手で取ろうとしたら、団子みたいになっちゃって、私の右手に、まとわりついてきた。

「こんちくしょー」

こんな粘り強い?大和芋に出会ったのは、初めて、と言っても、決して過言では、なかった。

すりおわって、手を洗ったら、たまんなく、かゆくなってきた。


大地の恵みをいっぱいもらって、ここまでネバっこい大和芋には、すっごい力があるに違いない。

そんなパワーがちょっとでも今の息子に伝わればいーけど・・・な。


さっき、帰宅すると息子がリビングのソファーで、テレビを観ながら寝てた。

どーやら夜ご飯はちゃんと食べてある。


「今夜は、ここで寝るからっ。」

すっごく珍しいこの状況に私が言った。

「じゃー私もここで一緒に寝るからっ。」


「気持ち悪いな?!」と言われた。


『仕方ないっほっとくしかないかっ?』


そう思いながらやっぱ気になる・・『あ?やっぱ私、かなり過保護かもっ!』

きっと、今夜は、心配で眠れない!
(∋_∈)
ドリームジャンボ
きらきらの晴れの朝。仕事場に着く頃には、汗ばんじゃった。

けど、ジメジメした昨日に比べたら、快適だった。

こんだけ、カラッと暑いと、さすがに生ビールがよく出ること・・・

冷えたジョッキに、生ビールをジャー。

私の入れ方は、まさに、生ビールのカリスマかも?

「お待たせ致しました?。」

お客様にお出しする前に、ちょっと一口いただいちゃいたいほど、ほ?んと喉が乾く今日でした。

お昼の仕事が終って、お買い物へ。

今日は大安吉日だった。

「そーだっ!ドリームジャンボを買うかっ。」

だけど、お財布の中がちょっと寂しかった。
考えたあげく・・「すみません。ドリームジャンボは、一枚でも買えますか?」

「はい。大丈夫ですよ。」

快く買わせて頂いて、とっても感謝。

せめて、気持ちだけでも、いつも幸せでいたい私は、くだらない、つまらないことにこだわったりする。

今日は、ミスタードーナツがオール100円の日だった。

そこで、エンゼルエッグを買って家に帰ってムシャムシャ。

お腹の中に天使のたまごを入れて、「きっと、いいことがありますように。」

願いを込めてまた仕事へと向かった。

今日一日、終ってみると、特別、いいとも悪いとも言えない、そんな、つまんない一日だった。

明日こそ、ちょっとでも、いいことありますように。
五月病?
昨夜、仕事から帰宅すると、テーブルの上に、ごっそりと食べ残された「マルちゃん 塩焼きそば」たちが、私の帰りを待っていた。

ありあわせで作った「ミニミニ煮込みハンバーグ」たちも箸でつっついた形跡はあるものの、無惨な姿・・『一体、どーしたんだろう?』

真相をつきとめるために、階段をかけ上がりまずは、息子の部屋へ。

「コンコン。」

そっと扉を開けるとそこは真っ暗け。(-o-;)
「大丈夫?ご飯残して、具合い悪いの?」

眠ってた息子が目を開けた。

「どこも悪くないよ。食べたくないんだよ。」

続いて、お風呂から出てきた娘を直撃。

この容疑者は、ミニミニ煮込みハンバーグは、ちゃんと食べたと供述した。

そして「なんか?今日の焼きそば、どう、がんばっても、ダメだったわ。」と付け加えて言った。

そう言われて、私も食べてみた。

確かに・・・いつものほうが、おいしいかも。

昨日は、塩焼きそばは、塩焼きそばでも、いつもよりグレードが高そうな、値段も高いものを買ってみたのに残念。

パッケージからしてかなりおいそうな2食入りだったけど・・たぶん貧困層向けの味じゃなかったんだ。(ToT)
ちなみにいつもは、誰もが見たことも、食べたことあるであろう、あの3食入りのシリーズです。

「ごめんね。おいしくないご飯になっちゃって。」

みんなに謝った。

しかし、息子が食べてないのは、そういう理由じゃなかった。

昨夜、息子のお弁当箱を洗おうと、フタを開けるとまるで、手をつけていない。

『あ?もったいない!』

彼は、幼稚園の頃から、このけがある。

どーやら、環境がかわったりすると、決ってこの時期に、この症状が現れる。

これが世間でいわれる五月病っつやつ?!

中学に入ってからは、ほとんど出なかったのに・・・ま?高校は、また別格だから、気持ち的にも疲れるんだろうけど。

でもやっぱ心配で、聞いてみちゃった。

「いじめとかあるの?それで食欲ないの?」

「な、わけないだろ?フツーに楽しいよ学校。」

でも、もし、そうだとしても言うわけないか。いじめられてる本人が「うん」なんて。

聞いておいて勘ぐったら聞いた意味がないか?!

中学の時からいつもつるんでる仲間もたくさんいるし、軽音楽部も楽しそうだし。

心配はいらないとは思うけど、念のために言っといた。

「自殺するくらいなら、嫌なことはやらなくていいんだよ?!辛かったら違う道だってあるんだからね。」

「は??何で俺が自殺しなきゃなんないんだよっ!」
朝っぱらから、怒られた。

只今、息子は五月病?!まっ、それならそのうち治るでしょうけど?!
キティーちゃん。
20060518233946



傘を広げて、ウォーキング。


気晴らしに?仕事場まで、肛門を締めたり緩めたり。


ほんとは、もっとしょっちゅうやらなきゃいけないのに、ついつい忘れちゃう。


雨で静かなランチタイム。


店内のBGM、FM横浜から、ケミストリーの「♪きみを探してた♪」が流れてきた。

そう言えば、最近は、すっかり忘れちゃってたけど・・初めてこの曲を聞いたとき、あまりにステキで、驚いちゃった。

久しぶりに聞いた今日も、仕事中だけど、聞き惚れちゃって、私の脳みそは、もうすっかり、曲の中。『あ?幸せ?。』


しかし、現実は、きびし?い!


お昼の仕事を終えて、夕食の買い物と、ロト6を買いに行った。

実は、メインはロト6。

昨夜、友達からのメールに「明日は、9の倍数がかなり怪しい。」ってあったから、望みをかけて、それも買ってみた。

ここんとこ、ぜ?んぜん当たらないから、お金がもったいなく思えてきたけど、やっぱ買わなきゃ当たる権利もないわけで・・・キャリーオーバーもでちゃってるしで、計5口買っちゃった。


そして、そのために節約された夕食は、「マルちゃん 塩焼きそば」です。

『そ?言えば、前に出したマルちゃんの全員プレゼントは、まだかな?』ふと思い出した。



たっぷりお昼寝をして、また仕事へ行かなきゃと、玄関を出てた。

なにげなしに、ポストを開けてみると、ちっちゃな白い箱が入ってた。表を見ると私宛て。

『あ?マルちゃんからだ?!』

テレパシーで飛んできたプレゼント?!

つまらない今日の私のちっちゃな嬉しいニュースです。



そしてさっきケータイで見たロト6の結果は・・・9の倍は、ガセネタで終わったけど、私流で買った中に1000円の当たりがあった。

これは、私にとって、当たりと呼べないけど、ないよりはましか?!



くだらないけど、どーか見てやって下さい。

今日の私のちっちゃな幸せです。

「マルちゃんの焼きそば」と丸ごとのキャベツを持ったキティーちゃんのストラップです。
(相変わらずのぼけた画像をお許し下さいね。)
ダラダラ・・
お弁当を仕上げたあたりで、ストーマくんがだだをこね始めた。

も?ムズムズ痒くてたまんない!

こんな時、リムーバーを手にした途端、どこかワクワクした気持ちになるのは、世界中でたった一人?私だけでしょうか?だとしたら私は、かなりの変態だ?!(-"-;)

類は友をよぶんだから仕方ないけど、かぶれは、かぶれをよんじゃって大変だ?。(∋_∈)

パウチを脱ぎ捨てて現れたストーマくんは、下側だけだったかぶれに加えてへそ側も真っ赤っかにずるむけちゃってる。


『あ?なんてこった。かわいそうに・・・』(;_;)
さすがに今日は、病院でいただいた魔法のおまじない「キシロカインゼリー」を使ってあげた。

そして仕上げに『早くよくなりますように。』心を込めて、ストーマくんにパフッパフッと白い粉をふりかけた。


魔法のおまじないを使ったにもかかわらず、かなりしみた。


久々に悶え苦しんだ朝だった。(ToT)


そんな風に始まった今日は、とくべつな?んにも楽しいこともなく、スーパーにお買い物に行って、ダラダラゴロゴロ。


夜ご飯はミートソーススパゲティーと野菜サラダ。


簡単にすませちゃった。



そして、今やっと、娘の大学の奨学金申込書を書き上げて、ぐったり。

細かくて・・いっぱい説明が書いてあって、緊張した。


こういうの、ほんと苦手。


さて、今夜は寝ないで見れるかな?「オーラの泉」(^_^)v
お風呂入ってこよっと!(*^_^*)
Y市民病院
2度目の入院で知り合った、K先生つながりの、大切なIBDのお友達からメールが届いた。

『今日、K先生の外来に行ってきた?』って。


彼女は先日、メールで教えてくれた。

『病院のホームページを見たら、紹介患者専用電話番号っていうのがあったから、まずはそこに電話した方がいいですよ。』って。


すごく有り難い情報をもらっちゃったにもかかわらず、ほんと失礼な私は・・『ごめんなさい。』まだ見てませんっ、Y市民病院のホームページ。(^_^;)

今日のメールでは、横浜駅からのバスの乗り方を教えてくれた。これまた、助かっちゃった。(^O^)

横浜駅あたりまでは、もちろん、オチャノコサイサイだけど、そこからちょっと?かなり?へんぴなとこにあるその病院の方には、ほとんど行ったことはなく、不安だし、迷うこと間違いなかったから、彼女に感謝。

ちゃ?んと、バス乗り場から、系統まで、詳しく書いてある。o(^-^)o

彼女の今日の待ち時間は、一時間半位だったらしい。

そのくらいなら、何とか許せるかな?!けど・・K先生の外来は火曜日の午後のみ。


異動前の最後の外来の時「予定は、火曜日の午後だけだったんだけど、火曜日の全日になるかも知れないんだ。」って先生は言ってたから、期待してたのにな?。


結局、午後だけになっちゃったみたい。


私的には、午後の外来は、好みじゃない。だって、仕事休んで、午後に外来が入ってたんじゃ、ぜんぜん、のんびりできないから。


おまけに今までの病院よりはるかに遠い・・(-.-;)
今までが、贅沢なくらい近くてラッキーだったんだと、自分に言い聞かせるしかないのかっ?!

なんたって、日本全国のもっとずーと遠い地方からわざわざくる患者さんにしてみれば、わがまま極まりない私の愚痴でした。『ごめんなさいね。』(>_<)

今日のK先生は、とても、忙しそうだったみたい。



K先生は「もっとたくさんの患者さんを診てあげたい、手術して助けてあげたいから自分で異動願いを出したんだよ。」以前、そう私に言っていた。

だから忙しくたってきっと大丈夫、本望なんだから。(^_^)v


「そんな忙しい病院じゃ?お前の次の手術なんて、チャッチャと適当にやられちゃうんじゃないのか??!何か危ないから、一度は、俺が顔出して、ちょっと圧力かけとかないとな?!」って、奴はまた訳の分からないことを言っている。



かれこれ一年半前の大晦日の朝。私が緊急手術で大腸全摘になる時、K先生が奴に「すぐ病院へ来てください。」って、電話を入れたらしい。


「ちょっと今、仕事中なので、もう少し待っていただけませんか?」と奴は、言ったらしい。


それを聞いたK先生は「それは、奥さんの命より大切なんですかっ?!」って言ったらしい。


その出来事を、あとで知った私は笑った。



K先生からすると、奴は、妻を見殺しにしようとしたとんでもない旦那らしく・・・「いいんです。仕事も大事ですから。」と答えた私に驚いていた。(・_・;)


今、私がこうして生きていられるのは、きっと神様とK先生のおかげですね。(*^_^*)


さて、ちょっと私も見てみるかな?病院のホームページ。モタモタ・・・(?_?)
今朝、泣き腫らした顔で、パウチ交換をした。

ストーマくんの下側がずる剥けて真っ赤っかっ。(-o-;)

『くそっ!』


人生は、こんなことの繰り返し。


弱ってるとこには、さらに追い討ちをかける様に、悪い何かがよってきたりするもんだけど・・『ふぅ?』(-.-;)


だけど、どこかで流れが変わって、いい方に、向かい始める時がやって来るんだから。

そう信じてる私は、いろんなことをやりまくる。

いやなことがあったり、何にも楽しいことがなかった次の日は、まず仕事場までのルートを変えてみる。

単純な私の脳みそは、それだけで昨日までの嫌なことは、何もなかったように忘れ始める。


今朝もそのはずだった。


裏道を歩いてみた。

あっちから、道路を塞ぐ勢いで若者たちがやって来る。

全員が歩きタバコ。(`ヘ´)
すれちがいざまに聞こえてきた会話でやっぱり『看護専門学校』の生徒たちだと確信した。


マナー以前の問題。

『一体、何を教えてるんだろうか?この学校。』


今やタバコ自体に、明らかに健康に害があると書かれているにもかかわらず・・・これから医療を志す者がタバコ?しかも歩きながら?

『こんな奴らに、人の命が救えるはずないから!』(`ε´)

すごく不愉快になった朝だった。


気をとりなおして歩き続けた。


ここらでちょっと一休み?!

いつも立ち寄る小さなスーパー。

「あんた、珍しいね?なんでそっちの入り口から入ってきたのよ?」噂話が大好きなおばさんが言った。

「昨日ね、あんまりいいことなかったから、今日はこっちから入ってみたの。」(^_^;)


「あ?いいね?そう言うの、気分転換かい?!」


「ま?そんなとこかな?」


このおばさんいつも、かなりの毒舌。だけど、私が大腸全摘後、仕事に復帰して初めて会った時、「よかったね・・けどさ、何もあんたが、こんな目に会わなくてもさ・・・」って涙を流して、花やら菓子やらをくれた。結構優しいとこがあったりして・・・o(^-^)o


今では、また、毎日毒舌だけど。



今日は、たくさんのいいお客様に恵まれて、そこそこの一日だった。


明日もいい日であります様に。


さて、明日はどの道、歩こうかな??
(^_^)v
母の日
200605150006442
20060515000644


店内は大忙しだった。

そんな中、「領収書をお願いします。」お客様にそう言われて、ボールペンで書き始めた。

何度くりくりと書いても『でない?・・このペンっ!』違うやつに取り替えて書き始めた。

今度は・・・ドバーッ!「キャー!」インクが溢れでてきた。出ないか、ドッバーかのボールペンしかなくて、私は一人でオロオロ。

他にも、やらなくちゃいけない仕事がたくさん待ってるのに・・『私、どうすればいーの?誰か助けて?!』


そこで目が覚めた。けど、そのまま、しばしベッドでぐったり・・『夢でよかった?』(-.-;)

『どんな意味があるんだ?こんな夢に・・実は、私の心、かなり病んでたりして・・?まさかね。』

自分に問いかけてみた。(∋_∈)

いつも、大変なことや、辛いことに出くわしても、どこか脳てんきで、危機管理能力ゼロの私に、神様が忠告をくれた朝だった。


『なんか嫌なこと起こるのかな??!』

心の隅っこでドキドキの一日だった。


結局、その2本のボールペンの夢は、正夢にならずに、一日が終わった。

今日は、楽しいことなんて何一つない一日だった。


こんな日は、せめて、ウレシ楽しい夢を見たいと願うしかない。


帰宅したら、実家の母からのファックスが届いてた。
『昨夜から、親戚から痴呆症の祖母を預かっていて寝不足なの。』と、書いてあった。

『そんな所に、あなたからの贈り物の花が届いて、救われた。』と書いてあった。


電話の前で涙がとめどなく溢れてきた。


実家の母は、私が18才の時にくも膜下出血で倒れて生死をさまよった。

一命はとりとめたものの、右半身には、今だ麻痺が残っている。

日常生活には何の支障もなく明るく生きてるけど、杖なしには、ちょっと危なくて歩けない。


そんな母に、今、何にもしてあげられない自分がそうとう情けなかった。

たぶん、ちょっと精神的に疲れちゃってる私・・・次から次へと涙と鼻水が出てきて、やっと今から夜ご飯。


焼き肉屋さんに行くと、かならず食べる大好物「コムタンクッパ」

だけど今夜は、モランボンのコムタンクッパで我慢。

300円でおいしいコムタンクッパ。

お鍋でブクブク温めてご飯にジャーっとかけるだけ。

焼き肉屋さんのはニラが入ってることが多いけど、私は、お腹の中が詰まっちゃったら、大変だから、長ネギの小口切りだけチョンチョンと切って入れてます。


さて、明日から、また元気に頑張らなきゃっ!ねっ!(*^_^*)
「J」の悲劇?
今日は、朝から雨。

仕事は暇か?と思いきや、でだしから『やばいっ!巻き込まれそう・・』結構忙しかった。(^_^)v

なんとか無事パニクらずにお昼が終了。

ラストオーダーあたりから気付いてたんだけど・・・パウチがもっこりパンパンになってる・・(^_^;)

やっとトイレへ。

便座に座って、パウチの蓋を開けた。「ぷっす?」(^O^)パウチがペシャンコになったと同時に「痛?い。いた・たた・た・・」(>_<)

左っ腹がすごく痛くなっちゃった!


パウチが、パンパンになる事なんて、しょっちゅうだけど、昼間っからパンパンになるのは、珍しいかも。


ストーマくんたら、何をそんなに怒ってるの?!「プリプリ、ブスブス・・」


帰宅して『夕方の仕事前には治りますようにいように。』

ともかく横になった。

横になってれば、さほど痛くは、なかった。

いつもは、パウチがパンパンだと、そのしわ寄せは肛門から、漏便となって出てくる。

今日、漏便は出なかった。

そのかわり、左腹が痛くって、たまんなかった。

左腹のあたりって、なんだろう・・?「Jパウチ」っていうやつなのかな?

一体、今の私のお腹の中は、どこに何があるのやら。


『今度、ちゃんとK先生に聞いてみなきゃな?!』


夕方の仕事が始まってからも、まだ痛い左腹にドキドキしながら、なんとか今日の仕事が終わった。


今夜,私が、冷蔵庫に補充したエビスビールの中に、ラッキーエビスは、なかった。


けど、なんとか左腹の痛みが退いてくれたことの方がラッキーかも・・?!(^_^)v

大切にしなくちゃっ!「Jパウチ」


これから、ずーとお世話になるんだからね。(*^_^*)
ないの・・・
20060512234904
20060512234901



「ない?!」実家の父から貰った「ふくろう(不苦労)のお守り」がなくなってた。

仕事用のバッグに付けて、毎日一緒に生きてきたのに・・・『どこで落としちゃったんだろう。』(;_;)
「不苦労なくなっちゃったから、これから、きっと不幸がたくさん来るっ。」(∋_∈)

そんな私に奴が言った。「お前、おもしろいこと言うね?」笑ってた。

まじめに悩んでるのに!(T_T)

弁当を作り終えて、ひと休み。

「わぁ?何だ?この匂い?!」

リビングが、息子が洗面所で、シュ?シュ?したギャッツビーのスプレーで、いっぱいになってきた。

石鹸の香りらしいけど・・・(^_^;)


めざましテレビのお天気のあいちゃんがカワイ子ぶって言った。

「今日はお洗濯日和です!」o(^-^)o

『よかった?!助かった?』そして、リビングに一昼夜干されていた洗濯物たちに恐る恐る近付いた。

覚悟を決めて、ぶら下がってるTシャツに鼻をくっつけた。『臭くな?いっ!』
救われた。(^_^)v

ぶら下がってる洗濯物たちをぱちぱち外して、今朝洗い上がった次の洗濯物たちにバトンタッチ。

『行ってきますっ!』(^O^)
今日は、ごくごく普通な一日だったけどなんか疲れた。(^。^;)

仕事帰りに寄ったスーパーで明日の朝食のパンとウインナーを買った。


今夜は、今いち食欲ないから、私・・・すっごく久々にカップラーメンなんか買ってみちゃった。(*^_^*)
そして食べちゃった。

初めて見かけたカップラーメン「サッポロ一番・麺屋 鹿児島とんこつラーメン」を食べちゃった。

もう一つ同じ種類で「喜多方しょうゆラーメン」もあったから、買ってみちゃった。


今はまだ2種類しかなかったけど、このシリーズ、ひょっとして、日本全国のラーメンができるのかな?!ちょっと楽しみが増えた今夜だった。(^O^)

だけど・・不苦労・・・どこに行ちゃっんだろう。(>_<)
カレー
今日も、ぐずついたお天気。

リビングに干した洗濯物には、きっと見えない雑菌が繁殖しちゃって、乾く頃には臭くって、たまんなくなりそうな・・いや?な予感のする朝だった。(-o-;)
ウチには、乾燥機がないんだからしょーがないの!(ToT)

今朝はゴミの日。慌ててパウチの交換に挑んだ。

まだスヤスヤと、眠ってるストーマくんを、起こさないようドキドキしながら交換完了。

かぶれもなくなかなか好調なストーマくんです。(^_^)v
はがしたパウチは生ゴミに紛れさせてポイっ!


仕事場までのウォーキング、むしむし暑くって、今日は、ちょっと不快!(-.-;)

それに・・昨夜は「オーラの泉」も見ずに?見れずに、寝たのに、まだ眠かった。

ゲストの「羽田美智子」さんの顔を見ただけで、強烈な睡魔に襲われて・・(-.-)zzZ
その後の記憶は、まったくない。そんな風に眠れる私は、まだ幸せなのかも知れません。お気楽者?


中途半端に忙しかったお昼の仕事を終えて、帰宅。

今夜のご飯は、煮込んでお昼寝の「カレー」です。

ルーは、ちょっと贅沢に・・・新発売のハウス「PRIME・ジャワカレー」の辛口を使用。
(三浦りさ子さんのCM)


夜、帰宅すると、子どもたちが食べ終えて、キッチンに下げてあるお皿に、妙?に、カレーのルーが残ってた。


さっき私も食べたら、辛くって 、辛くって、お水飲みまくり、途中から鼻水が垂れてきた。


『やっぱ私には、辛口無理だ?!』

なんとか完食したけど、ストーマくんが火を吹くかも知れない?


部屋から出てきた息子にも文句を言われた。

「なんだよっ今日のカレー。激辛じゃないか?!」


しらばっくれて私は言った。「そ?かな?ジャワカレーの辛口の高?いやつだよ?!」(^。^;)

なんか胃が痛くなってきた。(;_;)

とりあえず、急いで「ミヤBM」と「フェロベリン」と「ツムラ・大建中湯」を飲んだ。



お風呂で、お腹温めて、寝ようっと。(-.-;)
お休みの日。
20060510205117

「ツナとトマトの冷製パスタ」


ひっさびさのお休みの今朝。雨でガックリ!

昨夜の天気予報では晴れって言ってたような・・・?


みんなを送り出してしばしゴロゴロのワイドショータイム。

「幸せっ!」


今「ヨコハマ・メリー」っていう映画が結構、話題になってるらしい。

真っ白なお顔のメリーさん、私が働いていたデパートに、毎日の様にいらしてました。

メリーさん・・・すごく懐かしかった。(*^_^*)

「いつまでもゴロゴロしちゃ?いられない。」

やらなきゃならないこと目白押し。銀行やらスーパーやらであっという間にお昼です。


午後からは娘の進路相談。

初めてお会いした担任の先生は、3年目にして初の男の先生だった。

『若い・・・?』

娘が、おやじって言ってたから・・・(^_^;)

1時間近くの面談を終えて「どうぞよろしくお願い致します。」


学校を出た。

娘に言われた。「お母さんっ自分の肛門自慢しちゃだめだよっ。先生びっくりしちゃってたよ!」(-o-;)
初めて会った先生には、念のために言っとくのが私流なの。

ストーマくんのこともちゃんと紹介してあげなきゃねっ。(^_^)v

次は息子の担任の番だ?いつだろう??!


ついでに、買い物を済ませてやっと帰宅。片道1時間弱は、かかった。

『あ?疲れた』


まずは、「新生3」をグビグビっとやった。


今夜のご飯は、初めて作ってみた「ツナとトマトの冷製パスタ」です。

ムシ暑くなるこれからの季節には、ちょっと、いーかも?!


あ?な?んにもしなくていいお休みは、いつになったら訪れるのか・・・神のみぞ、知ってるの????だったら内緒で教えてほしい!(*^_^*)
一杯の水が・・・
久々のお弁当づくりを終えた今朝、ストーマくんがムズムズ?

『そうだ!これからは、もっとちゃんとしよう。面倒なことをすぐ後回しにするだらしな?い性格はやめにしなくちゃっ!このままじゃ・幸せの神様も来やしない!』(;_;)


年の初めでもあるまいし、特別、何の区切りでもない中途半端な今朝だけど、ふと、そう思った。

思いたったらすぐ実行。

「後でいっか。」は、やめにして、ストーマくんのパウチ交換を始めた。


『確か・・ストーマの先輩が、この前の・ブログに書いてたっけ・・』

「朝の交換前、まずはコップ一杯の水を飲みます。」って。

なんでかは、知らないけど、ちょっと私も真似してみた。ゴクゴク。

「よしっ!」(^_^)v
交換開始!


今日も、かぶれはなく、絶好調のストーマくん。(^O^)
『今日は、測ってあげるからね?。』

かれこれ1年ちょい前、病院でもらった、固い紙製?のストーマくん専用定規。(色んな大きさの穴が開いたやつ)

端っこに・ウンコがちょっとついちゃってる?それが、乾いちゃってて・・・一体、いつの・ウンコだ???(^。^;)

久しぶりに、ストーマくんに定規をあててみた。まずは28?穴。


ちょっときつくて入らなかった。

次は、30?穴。『やっぱこれか?!』決定?!

そして、キレイになったストーマくんに、かぶれないおまじない、魔法の白い粉をパフパフした。

ペタッとイーキンシールを貼った。と、その時、ストーマくんが・・・ウンコをタラリ?ン。(-o-;)

『先輩がコップ一杯の水って言ったから・・・』(-_-#)

慌てて、ペーパータオルで拭いた。

『今だっ!』急いでパウチをペッタンコ。取りあえず交換完了。(^O^)

しばしソファーでゴ?ロゴロ。


さてっと。11人のエビスさまに手を合わせて「行ってきま?す。」
o(^-^)o

静か?なお昼の仕事場には、あの独特の歌声が流れてきた。


FM横浜のDJが、福山雅治(さん)の新曲「MILK・TEA」」とか言ってた。


ボーッと聴いてると、結構いい曲だった。(*^_^*)

長かったゴールデンウィーク明けの今日の横浜は、小雨がぱらついて、肌寒かった。


あったか?い・ミルクティーでも飲んで、ポーッとしてたいような一日だった。
(*^_^*) 
最終日。
昨夜、月一の女の子の日がやってきた。(-o-;)
どーりで、腰もだるくって、疲れるわけだわ。(-.-;)

そして本日は、ゴールデンウィークの最終日。

私はというと・・女の子の日の二日目で一番最悪な日。

必ず、お腹も痛いし、なぜか右足も痛くなる。

毎月恒例、悪魔の二日目。(T_T)

それに加えて雨ときちゃったら、も?眠くって眠くって。(-.-)zzZ

『なんか、今日、ファンデーションの、のりも悪いかも?!』(;_;)

「じゃ?行ってきま?す!」どんな時でも私、意気込みだけは人一倍。(^O^)
ソファーでゴロゴロしてる娘がそんな私の顔を見て言った。

「今日の眉毛、なんかおかしいよっ?!太いっ。」

鏡を見直した。そー言われれば・・・???

でも、直す時間もない。

なんたって、眉毛書くには、健全な精神と高い集中力が不可欠なんだから。

今日の眉毛は、娘曰く・・ちょっとだけ、郷ひろみ?!のまま、あきらめるしかなかった。

『前髪で隠しちゃえっ。』(^_^;)


今日の雨は、ザーっと降ったり、ちょっと止んでみたり。


静かに仕事は終了??o(^-^)o

私としては、せっかくがんばったゴールデンウィークの最終日なんだから、すっごく忙しなって、そこをなんとかクリアして、華々しく「ワァー」っと、終りたかったのにな?拍子抜け。「カクッ。」(・_・;)

そんなこと考えてたら、常連さまのパティシェがご来店。


そうそう、この方も、私と同じゴールデンウィークは全開でお仕事。

「ゴールデンウィーク、お疲れ様でした。お忙しかったですか?」
(^_^)vって話かけたら、急に忙しくなってきて、ちょっとバタバタ。

『やっぱりいるんだよな?ラッキーパーソンて・・この人が来るとなぜか忙しくなるんだから。不思議・・』(^O^)

そして、お帰り際に、手渡されたケーキ。

またまた、ずーずーしく、いただいちゃった。

疲れた私には、最高の薬です。(*^_^*)

さてっ、お風呂で早くメイク落とそうっと。変な眉毛っ?!( ̄○ ̄;) 
ぐったり。
今朝も光いっぱいの横浜だった。

今日は、家庭ごみの収集日。

昨日、交換したストーマくんのパウチも一緒にポイしなきゃ!

ほんとは、まだ寝てられるんだけど、ゴミやさんが来ちゃうから、ちょっとだけ早起き。間に合った。(^_^;)

クローゼットから引っ張り出してきたユニクロの1000円の帽子をかぶった。

さてっ出発?!(^_^)v

この帽子、この季節の仕事場へのウォーキングにはピッタリ!汚れちゃても、洗濯機でゴロゴロ洗えてすぐ乾くしねっ!(^O^)

「♪ありふれた光が、愛しく思えたら?それは愛の仕業と小さく?笑った・・・♪」

店内のBGM「FM横浜」から私の大好きな曲、ミスチルの「Sign」が流れてきた。

ちょぴり疲れ気味の私の心に、ジンワリとまんべんなくしみわたった。(*^_^*)

ちまたの方々は、遊び疲れて、おウチでゴロゴロなの?!

それとも・・みんな、本日公開の映画「LIMIT・OF・LOVE・海猿」でも観に行っちゃったのかしら?!

お昼の仕事は、超が付くほど暇だった。

疲れがドッと溢れ出てきた。(∋_∈)

お昼の仕事が終ってグッタリと帰宅。


ありあわせの材料で夕食の支度。「ピーマンの肉詰め」と「野菜炒め」と「あさりの味噌汁」で完了。


そして、大好きなゴロゴロタイム。ってゆーか、私の日常には、これくらいしか楽しみがないのっ!(-"-;)

気合いを入れて挑んだ夜の仕事も、これまた暇っ。(-.-;)

今夜は、グッタリ。


疲れてる自分を励まそうとつい口ずさんだ、映画「海猿」の主題歌。

「♪信じよ?う?二人だ?から・・♪」

視線を感じて、ふと見ると、奴がこっちを見てバカにした顔で首を傾げてた。
「くそっ!」(・_・;)

きっときっと、明日は、いいことありますように。(^_^)v
よかったっ。
目が覚めると眩しいくらい・・きらきらの晴天だった。(^O^)
私の一日は、ストーマくんのパウチ交換から始まった。

「さてっと!」交換グッズの箱をゴソゴソ。

大好きな看護師さんが作ってくれたその箱には、でっかく「大塚生食注」と書いてある。(^_^;)

いーかげん、もっと可愛い箱に取り替えればいーんだけど、これも私の大切な宝物だから・・・o(^-^)o

リビングのいつものイスに座って、パジャマの上を胸の下あたりまで、捲り上げる。

途中で、ぺローンと落っこちてこないように、2・3本の輪ゴムでグルグルと縛る。

そして、ズボンとパンツを一緒に、ちょっとズルっと下ろす。(*^_^*)
これが、私流の交換スタイル。

さぁ?始まります!

適当に切ったイーキンシールを、こねこねこねて、薄?くのばす。

パウチの穴をクルーっとカット。

かなりアバウトな私は、今は、3?径のとこでカット。

ここんとこ、ストーマくんのサイズを測ってあげてない。

ちょっと大きいかも・・?!(-_-#)
ピッタリと皮膚に張り付いてるパウチをリムーバーで剥がしにかかる。私が大好きな一瞬ですっ。(^_^)v
出てきたストーマくんは、今日も好調。

まだ何にも食べさせてないから、静かに眠ってる様子。(-.-)zzZ
かぶれが治まってる最近は「キシロカインゼリー」の出番は、なくなっちゃった。


外来の時、「先生、キシロカインゼリーもお願いします。」って言うと、K先生は必ず「どこに使うの?」と聞く。

『一体ストーマ以外のどこに使い道があるの?!』といつも思いながら「はい。」o(^-^)o

久々、朝の交換。やっぱり、気持ちよかった。(*^_^*)


すっきり気分で仕事場へ。


お昼の仕事を終えてトイレへ。

「???」パウチのウンコの中に、何やら白い物がチラホラと・・細か?いお餅みたいな・・(?_?)
ふとストーマくんを見ると、「あー!」ストーマくんのまわりがグルっと浮いちゃっる。

どーやら、白いのはイーキンシールみたい。

今さらだけど、「くっつけっー!」

ストーマくんの首根っこあたりをギューギュー押して何とか大丈夫そう?


ストーマくんがしみることもなく、無事に一日が終わった。

よかったよかった。(^_^)v
腰が・・
「何だか腰がだる?い!」


快晴の横浜を今朝も元気に仕事場へとウォーキング。

今日は、ゴールデンウィークのど真ん中?

仕事は思ったよりも暇で拍子ぬけ。(>_<)
疲れ倍増。

たまには、いいかっ?ちょっと早めの帰宅。


「やっぱり腰がだる?い!」


お昼すぎ、イソイソとささやかな願いを込めて買った「LOTO6」は、見事に惨敗。(;_;)

昨日、手にした「ラッキーエビス」さまにあやかれるかなって、ちょっと期待してたのに―!(-.-;)

でも諦めないっ!大腸なくったって私は、いっぱい夢を持ってるの。

出来れば夢だけで終りたくないから、明日も仕事。

がんばろうっと!


そうそう、明日の朝、パウチ交換しなきゃっ。


もっちろん明日の交換は、飲まず食わずでの交換にしまーす!(*^_^*)
不思議。
爽やかな朝。

朝っぱらから「ピンポーン」

実家の両親が羽田からやって来た。

横浜霊園に、お墓参りに行ったついでらしい。


毎回のことだけど父は、花やら土やらをたんまり買いこんで来た。

すでに、長靴に履き替えてる父の格好は、草むしりの準備は万端だった。

「じぁー私、行ってきま?す!あと、おねがいしまーす!」


いつもの道は、シーンとしてた。みんな寝てるか、遊びに行ってるか・・・お日様の光を独り占めしながら、私は今日も仕事、仕事っ。
(^_^)v
お昼の仕事を終えて帰宅。

玄関前の花も、庭も見違えるほど綺麗になってた。

「ブルーベリー」やら「デコポン」やら「ししとう」やら「大葉」やら・・・いろんな物が植えられた。

実がなるのが楽しみっ。(^_^)v

「ただいま?」

ウチに入ると母が言った。

「お父さんね、あなたのエビスビールの話聞いてから、酒屋さん行くと探してるんだけど、ないのよ・・鯛が2匹のやつ・・」

私「なんだ?欲しいならあげようか?」

母「いーわよ。せっかくあなただって大切にしてるんだから。でも、いーの?じぁ、もらっていこうかしら!」(^_^;)
と云うことで、私の可愛い「ラッキーエビス」の10人の内、1人が養子に出ることになった。

幸せはみんなで分かち合うもの。独り占めしてたら、きっと次の幸せは、こないからねっ!(*^_^*)

さすがに今日は、なんだ、かんだ言いながらも、せっかく私に会いに来た両親を尻目に昼寝は出来なかったからにグッタリ?(-.-;)

ちょっと疲れが残ったまんま、夕方の仕事が始まった。


少なくなった「エビスビール」の補充を始めた。

不思議な感じだった。


私は、またまた「ラッキーエビス」を手にしてた。

今日は、2本の「ラッキーエビス」とご対面。


もちろんさっき、私と一緒に帰宅しました。

今、私のとこにはい11人の「ラッキーエビス」が住んでいます。

なんだか不思議な気分です。(?_?)


pb5030001.jpg

「11人のラッキーエビス」