なでしこブログ 「UCとお呼びっ!」
潰瘍性大腸炎の私の日記 (切っちゃった大腸の12ヶ月とそれから)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続・パワーストーン
奴に言われた。

「ちょっと見せて、そのクロスのパワーストーンってやつ。」

絶対、昨夜の私のブログを、読んだに違いなかった。

ケータイにぶら下がっているそれを自慢気に見せた。


「なにこれ?!全然、輝きないじゃんっ!お前、バカだから騙されて買っちゃったのか?!」

これは、別に、騙されたわけじゃなくて、自分で選んで買ったんですっ!


「なにそれっ」を連発する奴に私は、言った。



「水晶(ロックストーン)って書いてあったのっ・・・確かに、天然の水晶だったら何万円もするだろうから、天然じゃないとは、思うけど、ロックストーンって、人工の水晶じゃないの・・・?!水晶(ロックストーン)て、書いてあったんだから、水晶なのっ!きっと!」


今日は、忙しかったお昼の仕事も、なんなくこなして、絶好調だった。



きっと、今朝からぶら下げた、このストラップのエネルギーだと信じてた。

時に、信じる者は、救われたりもする。


でも、今夜、奴に変な言いがかりをつけられてから、ドッと、耐えがたいほどの疲労感が襲ってきた。

邪悪な魂の「奴」は、また言った。


「いいことなんて、起こってないんだろ?だからそんなの偽物だよ!」


「それは・・・私の努力がまだ足りないからなのっ。それに、この水晶、まだ、今朝、身につけたばっかりなんだからっ。」


きっとそのうち、偉大なるエネルギーが実証されるに違いない。

スポンサーサイト
パワーストーン
20060929231957



またまた、つい先日のお休みのことですが、美容院の帰りに、寄り道したみなとみらいの「ワールドポーターズ」

夕御飯だけの買い物じゃ・・・・ね。

せっかくだから、一人で、ブラブラと『見てるだけ?』のショッピング。

ぶらつきやすくて、楽しいものがいっぱいで、私、好きなんです「ワールドポーターズ」


桜木町駅から「ワールドポーターズ」までは、汽車道という海の上の道をひたすら歩きます。

左には、コスモワールドの観覧車やランドマークタワーを見ながらの、この長い道も、私は、大好きです。

その日の「ワールドポーターズ」は、平日のわりには、賑わっていました。

ウロウロ、キョロキョロしながら「あっそうだ・・・ここ・・」

シルバーとパワーストーンのお店。


前に、物色だけは、したことあるけど、結局、買わずじまいだった。



店頭にズラーと並んだ、パワーストーンのペンダントや、ブレスレット、ケータイストラップ・・・それぞれの石の説明書きを読みながら、手に取っては、ながめていた。


大地から生まれるパワーストーンたちは、偉大なるエネルギーを持っているらしい。

またまた、大好きな江原さんの、本からですが『何か一つだけ、パワーストーンを持つとしたら「水晶」がおすすめです。』と読んだことがあった。


私は、まだ、な?んにも、持ってないので、ならば『水晶の何かを買っちゃおうかな?』


水晶に決めるまでも、長かった私は、決めてからも、また更に長かった。

パワーストーンは、いつも身につけていなくちゃ意味がないわけで・・・私・・・ブレスレットも、ペンダントも、仕事上NGですから。

『やっぱ、ストラップか?』

水晶のストラップに決めた。

次は、デザイン。

あれこれ迷って、悪いものをはね返してくれそうだし、なんだか安らぐこのデザイン・・・クロスに決めた。



ここんとこ、どーしたことか、私のカワイイ?「魂」は、珍しく、そうとうなダメージを受けてるようで、ぐったりです。

何かに頼って、幸せがやって来るなんて、甘っちょろいことは、思ってもないけど、サプリメントみたいに、エネルギーを補助してくれたら、すごくありがたい。

人生、ミスばっかりの私を守ってくれてる「MISS ANGEL」と一緒に、パワーストーンの水晶で、邪悪な魂なんて、クソ食らえっ!?


明日からは、ちょっとは、元気でるかな・・・?
イマイチ
朝から、眩しすぎるくらいの快晴なのに、私の気分は、すごく憂鬱。

「くっそ?!」

「こんな気分、はねかえしてやるっ!」と、暑いくらいのお日様の下、1階にも、2階にも、洗濯物を干しまくった。

昨日、髪型も、お気に入りになったってゆーのに・・・イマイチ、気分がのってこないのは、どーゆーわけ?!

こんな脳天気?な私にも、ついにやってきたのか?プチ「更年期」

それとも「女の子の日」がもうすぐだっけ?

『とにかく仕事にいかなくちゃ。』

いつもは、意味もなく楽しい仕事場までのウォーキングも、今日は、苦痛だった。

けど、せめて肛門だけは、いつも通り「キュッキュッ」としめたり、緩めたりして歩いた。

結局、今日は、一日中,イマイチな心のまんま終ろうとしてる。

明日、目覚めたら、また、蜂が耳に入って来たりしないだろうか・・・私の心は、今、病んでるのかな??


怖い・・・・

足柄乳業「きんたろう牛乳」
20060928214321


昨日、あざみ野の美容院に行った帰り、夕食の買い出しと「ケンタッキー」さんの、フライドチキンを買うために、みなとみらいの「ワールドポーターズ」に寄り道をした。

一番下の階の食品コーナーで、ウロウロ物色。


明日の朝のパンやら、手抜きの夕ご飯の、握り寿司やらを、カゴに入れて「あっ、確か、ウチに、牛乳がなかったっけ・・・」

牛乳コーナーに行ったら、ふと目についたのが、この、カワイイ金太郎の絵。

見たことないから、これにしてみた。

同じフロアにある「ケンタッキー」さんで、6ピースのフライドチキンを買って、すごい荷物になっちゃったけど、桜木町駅前からバスに乗った。



夕方の混雑気味のバスの中には、私のフライドチキンの香りが充満していた。

『申し訳ない・・・』

ゆらゆら、バスに揺られて、20分弱・・・「着いた?」

ウチに帰って、すぐ「きんたろう牛乳」を冷蔵庫に入れた。

部活から、帰宅した息子が、冷蔵庫を開けて一言。

「カワイイな?この牛乳?」

♪足柄山の金太郎?熊にまたがりお馬の稽古?♪

牛乳パックには、ちゃんと歌まで書いてあるんです。

金縛り???
今朝、みんなを送り出して、また眠った。

そして、ふと、目が覚めると、部屋には「ブーン、ブーン」と虫の音。

「怖?いっ」

布団にくるまったま、まそっと覗くと、ドアに、一匹の虫が止まっていた。

お尻は、しましま模様?・・・『蜂か?』

そう思った途端、そいつは、こっちに飛んできた。

本能的に、目を瞑った。

私は、ほんとに、運が悪い女だ。

飛び立ったそいつは、なんと、私の左の耳の穴に、入っちゃった。

怖くて怖くて、一人でどーすることも出来ず、直立不動で寝た状態。

ただ、ただ、じっと、そいつが、耳の穴から出ていくのを待った。

だって、耳に指を突っ込んで、出そうとしたら、指か耳を、思いっきり刺されるだろうし・・・怖かった。

耳の中でも、ずっと「ブーンブーン」言ってる。

それに・・・何を隠そう?私の耳は「ネバネバ」耳。

だから、そいつは、私の耳の中で、ゴキブリホイホイ状態になってるかも・・・?


ずっと、目を瞑って、ひたすらじっと待った。

どのくらいたっただろうか、恐る恐る目を開けた。

耳の中での「ブーンブーン」も、部屋のどこにも、虫なんていなかった。

「よかった?」


どーやら、夢だったみたい。

なんか、体は動かなかった気がするけど・・・金縛りだった???


さっき、帰宅した娘に、そのことを話すと「それは、ネバネバ耳コンプレックスだよっきっと。」大笑いしながら言った。


「それかさ?嫌な知らせが、耳に入ってくるとかじゃない?」

ネバネバ耳には、特別、何の思いもないけど・・・笑
(それとも・・以前、「しまねずみ通信」さんで、話題になった耳のこと。私は、心のどこかで、しまねずみさんと、ジョリーさんの、カサカサ耳が、羨ましかったのか?大笑。)

嫌な知らせは、今は、心底、勘弁だな?。

恐ろしい・・・

バッサリ、サッパリ。
20060927194335


今日はお休み。

予約をしてあったあざみ野にある美容室「NAP」さんに、行ってきました。


ここは、私の大好きな場所の一つ。


とっても、雰囲気のよい美容室です。


けど、中々、思ったように行きたい時には、行かれません。


週一のお休みの私は、いつも、なんだかんだやらなきゃいけないことがあったりで、この夏は、息子の入院と手術もあったりで、すっかり私の髪は伸びちゃってました。



「〇〇さん、お久しぶりです?」


私「ほんと、お久しぶりです?。私、前回、来たのいつでしたっけ?」


「3月です。夏ごろ、〇〇さんいらっしゃらないな?と思ってたんですよ。」


『やっぱ、半年も、髪を切ってなかったんだ私。』




最近は、仕事中、長い髪は、邪魔なので、ムーミン谷のミーみたいなお団子頭にしていた。



そんな私に、奴は、いつも言う。


「どこで切ったって変わらないだろ?近場の美容院で短時間で済ませれば、いつだって切りに行かれるだろ?!」


そう言われれば、確に顔が変わって、帰ってくるわけじゃないだろうけど、私にだって、譲りたくないものがあるんです。

今日は、もう秋だし、気持ちも新たに、ばっさりいきました。


カットに入る前に、相談して「黒田 知永子」さん風にしようかと思ってましたが、アドバイスを受けて「石田 ゆり子」さん風に決定。


ちょっと、残念ですが、今日も、顔はそのまんま。笑


今日は、まだ首にタオルをかけたまんまの、仕上がりホヤホヤを、ケータイで撮っていただきました。


私は、きっと、変な客ですね。


できれば、年末の手術前に、もう一度、カットとカラーに行きたいのですが・・・どーなることやら。


だって、手術後は、いつまで、垂れ流しが続くのか、いつまで苦しいのか、わからないですから。


本日は、カットとカラーで10500円でーす!

満開です。
20060926093717



今日の横浜の空はかなり怪しい・・・今にも、「ザーッ」ときそうです。


風も、冷たい。

そんな中、只今、私は、仕事へとウォーキング中。

すなわち、肛門を「キュッキュッ」しながら、20分ちょい歩きます。


途中にある公園の「きんもくせい」は満開で、ほんとに小さい、やまぶき色の花が、すでに散り始めていました。


あ?!今、大粒の雨が降ってきちゃった?!
オータムジャンボ
ここ2、3日、横浜の秋空は、むちゃくちゃ爽やか。

だから私は、ますます眠たい。

そして、今日は、どーやら、私のお腹は、漏便デーのようで、お昼の仕事中、肛門あたりが、「ニュ?ルニュル」しまくり。



大腸切って、はや2年弱、急な「ニュ?ルニュル」も『あ?また来ちゃったか?』って感じの、屁のカッパ。


眠くてたまらないし、漏便全開で、お尻が気持ち悪いけど、さてっ仕事仕事。


私の得意技・・仕事が始まると、どんな時でもテンションが上がること。

辛くて、悲しい時でもです。

これって、一種の職業病かも?!

大腸切ちゃう前も、どんなにしぼり腹が苦しくたって、私は、そーだったから・・・



お昼の仕事が終るころには、漏便はおさまってくれた。


長袖じゃ暑いくらいの日射しの中、夜ご飯の買い物に行った。


ついでに?大安吉日の今日が発売開始の「オータムジャンボ」を中途半端に5枚買った。

「オータムジャンボ」は、発売枚数限定。

毎回、完売が早くて、のろまな私は、よく買いそびれたりする。

とりあえず、今日は5枚だけど、秋の億万長者への切符を手に入ちゃった。


意味不明なおまじないですが、あの「お札サブレ」の空箱に大切にしまってみました。

前にも書いたと思いまが、大腸を切ってから、私、宝くじがよく当たってるみたいな・・・??

3度目の手術の前に、せめて、もう一桁多い当選を願いたい。

だって、急に、100万円て、大きいですよね?!

えっ?ひょっとして・・・小さい?!

総理大臣もかわり、ますます格差社会になりそうな日本です。

こんな時代・・・ますます、貧乏な人間に、暇はない。

明日は、お昼寝なしで、夜まで仕事です。

あ?・・・
うるさいっ!
相変わらず、いっくら眠っても眠い朝だった。

ちまたは、連休。

私は、仕事。

私よりも、ずっと早起きをして、娘はバイトに出かけた。

息子は、今日から、バイト初出勤のため、早起きしてきて、なぜかお風呂に入っていた。

全然、出てこない。朝っぱらから、すっごい長風呂。

くもりガラス越しに見える裸体の息子に「じゃー私、仕事に行くからね。行ってきまーす!」

ところどころで、キンモクセイの香りをお腹いっぱいに吸い込みながら、暑いのか、涼しいのか、どっちつかずの空の下を、ウォーキング。

今日は、私の大切な「肛門」さまは、特に、だらけてる。

先日のUCの外来で、K先生に、小指で内診されてから、何だか、「肛門」さまが、重くて、痛いような・・・毎回、「肛門」さまの内診の後、しばらくは、こうなんですが。

仕事場に着いても、「肛門」さまは、重たかった。

今日のお昼は、ヒマヒマで、早めに帰宅ができた。

さっさと夜ご飯の支度を済ませて、お昼寝をした。

キレイな空を見ながら、窓からの風も気持ちよくって、ウトウト。

「バンッドンッ!」

何か、凄い音がして、急いで一階へ降りた。

誰もいない・・「シ?ン」??

お隣さんの音?

外では、時々どこからか、車で売りにやってくる「ぶどうや」さんが、今日もまた、バカでかい音楽を鳴らしていた。

どんな曲かと言うと・・・まず、馬のひずめの「パカパカ・・・」そして「ヒヒーン」

それから、男の声での歌が始まる。

よく、旗日に、市街に現れる、〇翼団体の凱旋車が流してるようなイメージの歌。

でも、よく聞いてると、最後に「♪武?田び?し?♪」と歌っている。

歌が終ると「ぶどうの産地の甲州からやってまいりました?」と言っている。

どーやら、この歌は、「武田信玄」の歌らしい。

でかい物音と「武田信玄」の歌に、私のお昼寝は、邪魔されて、また仕事に行く時間がやってきた。

お化粧を直してたら、奴が、部屋から出てきた。

そこで、さっきのでかい音は、奴の仕業だと判明した。

ここんとこ、お仕事で大変お疲れで、グーグーだったとこを「武田信玄」の歌に起こされて、サンドバックを叩いていた音だったらしい。

あまりの「武田信玄」の歌のでかさに、怒りおさまらず、窓から怒鳴ってから、サンドバックに当たり散らしていたと自白した。

そんな奴に私は言った。

「前にブログで読んだんだけどね、お友達のしまねずみさんはね、お隣さんが、どんなに賑やかでも、文句なんて言わないみたいよ。」

無言の時が流れた。

『反省してるのだろうか・・・?』

全く話は別ですが、私の旧姓は「武田」と言います。

そして、実家の家紋は「武田信玄」の「武田菱」

だから私、ずっと信じてる。

もっともっとずっと前の時代に生まれていたら、きっと私は、「姫」だったに違いないって。

残念・・・笑

お昼寝の空
20060923164825
あ?眠い。

まだまだ眠ってたいけど、またまた仕事へ行かなくては、いけません。

お昼寝しながら撮った空、モコモコ、キレイです。

「おひとりさま」
20060922220328



今日は、午後から、婦人科の外来だった。

一週間前の癌検診と、超音波で診たら、卵巣が腫れてるという事で、検査をした、腫瘍マーカーの結果を聞きに行った。

忙しかったお昼の仕事を終えて、急いで病院へ向かった。

予約の30分前には、病院に到着。

まずは、トイレで、パウチのウンコ出し。

待ち合い席で「ロマンティックに生きようと決めた理由」の、残り少ないページを読み始めた。

予約時間を、ちょっとまわって、私の名前を呼んだのは、男。

今日は、男の先生だった。

これまた、初めてお会いする先生。

癌検診の結果は・・・心配なしだった。

血液検査の結果は、炎症の数値も、特に問題はない、と、先生は言った。


「今日も、超音波で卵巣を診てみましょう。」

やっぱり、内診。



「5センチくらいの水がたまった袋のようなものが、ありますね?」


私「水ですか?考えられる病気は何ですか?」



「卵巣膿腫か、卵管に水がたまってるか・・あとは、開腹手術を受けると、おなかに水が溜ったりもします。とりあえず、すぐに手術をしなくてはならないとか、そういう状態ではないので、MRI検査をしましょう。だいぶ詳しいところまで解りますから。一年前に受けられたMRIでは、異常は、なかったようですね。」



来月中旬に、MRIの検査をすることになった。


診察を終えると、すっごく、お腹が減ってきた。


1階の会計に降りる途中にある、キレイな食堂の前で立ち止まった。

ショーケースに入った、ロウで、出来てるサンプルを眺めた。


『お昼ご飯は、食べずに急いで来た・・・今、ここで食べなきゃ、私は、夜まで、こんな腹ペコのまんま、仕事をすることになるわけか・・・無理だ・・・』


勇気を出して、誰もいなそうな店内へ一歩。


ロウのサンプルの前で、心に決めていた「チャーシューメン」を頼んだ。



お昼はとうに過ぎて、誰もいない広い店内で、スープも麺も、やっぱ想像してた通りの味の「チャーシューメン」をズルズルと食べた。

チャーシューも、スーパーで売ってる、ハムみたいな味なんだろうと、はなっから期待なんて、していなかった。

いい意味で、想像と違った。


もちろん、病院の食堂の自家製じゃないんだろうけど、きっと、お肉の専門店さんから仕入れてるであろうチャーシューの味には、腹ペコの私は、ちょっとだけ幸せ気分になった。



入ってから、食べ終るまでの間の、従業員のおばさまたちの、主婦の井戸端会議みたいな仕事っぷりが、一番おいしくなかった。


食べてる人がいるのに、ほうきで店内を掃いてるのには、びっくらこいた。



『もう閉店だったのかな?病院だから4時くらいに閉店でも不思議はないか?!悪い時間に入っちゃったのかな?!私。』


ズルズル食べながら、ずっとそんなことを考えてた。

そしたら、どーやら違うみたいで、白衣のどー見てもお医者様が入ってきてコーヒーとお食事。


私は、ズルズルさっさと食べて「ごちそうさまでした。」

入り口の営業時間案内を見ると、PM7時までだった。

まだまだじゃん!



こんな私、実は、外で一人で食事をするのが大の苦手。


最近、よくテレビで、やってる女性の「おひとりさま」って、ゆーやつ・・・つまり、女性が「一人」で、飲みに行ったり、ちょっと高級なお店に食事に行ったりすることをそー呼ぶらしい。


私、外出しても「おひとりさま」が苦手だから、いつも、飲まず食わずで帰宅です。

ファーストフード店にも、入りません。


奴は、そんな私に「バカか?お前は!」



こんな私が、病院の食堂にせよ、勇気をふりしぼって「おひとりさま」をしたってことは、そんだけ腹が減って、も?我慢が出来なかったとゆーことです。

なんたって、食欲の秋ですからっ!

いい香り。

昨日も、通った道を、今朝は、仕事に向かうために歩いてます。

「あれ?昨日は、しなかったのに・・この香り・・」

キョロキョロしながら、「あの」やまぶき色の花を、探した。

そうだった。もうキンモクセイの花の季節だったんですね。

しばらくの間、私の朝は、この香りで始まります。

えび入りポテトサラダ
20060920181221


つい最近、イタリアンの落合シェフが、テレビで作ってたのを真似っこ。


出来上がったポテトサラダをケーキみたいに型を整えて、マヨネーズを薄く伸ばして、まさにデコレーションケーキみたいに仕上げるのが本場イタリアの家庭料理らしいです。

あ?腹減った。

我慢出来なくなってきた。

一人で食べちゃおうかなっ。

今夜は、あとは、ミートソーススパゲティーを茹でるだけっ。

彼岸入りです。
20060920165209



今日からお彼岸です。
スーパーで買い物を済ませ、お花やさんによりました。

何の花束にしようかと、迷ったけど、やっぱりお彼岸用に用意されてる、枯れにくい菊がメインの花束にしました。

その中で、見つけちゃった。

ピンクの「なでしこ」の花が、入ってる花束。

即決!

お寺でも、花束は売ってるのですが、ただ、ただ、気分だけの問題なんですが、なんとなく、毎回、自分で選びたくて、お花やさんで買ってます。

暑っ苦しい中、帰宅したら、もう4時過ぎ。

もう出来ないっ、衣替え。

洗濯物たたんで、夜ご飯の支度するので精一杯じゃん!!

グータラっ!
今日の横浜は、ジリジリと背中を焼く暑さです。

さっき洗濯物を干す時に、ベランダから眺めた空は、雲がひとつもない、キレイなうすい水色だった。

仕事がお休みの日が、カラッと快晴だと、布団も干せて得した気分です。

今、ウチのベランダ、布団で満員です。

とりあえずホッと一息。

のんびりと「LC 1」ヨーグルトとパンを食べて、娘の大学の書類に目を通してた。

仕事の日は、いつもバタバタしてて、只今、脳年齢、80才の私には、大事な書類を読むのは、大変危険ですから。

『こんなの読めるのは、休みの日しかないんだから・・』自分に言い聞かせ、深呼吸しながら、何度も読み返した。

今日は、お天気もいいし、衣替えにはサイコー!と張り切ってたけど、難しい書類で、すでに疲れたかも・・?!

面倒くさいな?衣替えっ!!!

グータラ女。

スヌーピーのマグカップ
20060920102410



昨夜の仕事帰り「セブンイレブン」さんで、たまっていたシールと交換していただきました。

スヌーピーシリーズの最終番です。

只今、ウチには、スヌーピーシリーズのお皿が2枚、ボウルが5枚、マグカップが1個あります。

締め切りまでに、マグカップあと1個ぐらいは、いけるかな・・・?!
ベタベタする・・・
雨が降ったりやんだり、そして晴れたり。

今日は、あいにくのお天気で、お昼の仕事は、暇だった。

そんな中、FM横浜から流れてきた、福山雅治さんの「スコール」は、しとしと降る秋の長雨には、ピッタリ。

大好きな曲です。

お昼寝を目指して、帰宅する頃には、日が射してきて、不快指数が急上昇。

帰宅して、ちょっとのんびり。

この前、黄金の豚の中に、貯まったお金で娘に買ってあげた「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」を初めてやってみた。

結果は、80才。

この機械、壊れてるに違いない?!

そんな事してたら、昼寝出来ずにまた夜からの仕事へ行く時間。

昼とは、うって変わって、夜は、忙しかった。

「LC 1」ヨーグルトを買いだめして、疲れて帰宅。

ご飯を食べようとすると息子が現れた。

「ちょっと、手伝って、履歴書、書くの。」

息子は、私が案の上の「ハゼ天そば」を食べてる前で、明日、面接の、初のバイトのための履歴書を書いていた。

少年よ。大志を抱け!笑

息子よ、世間さまに、もまれてこいっ!

それにしても、今日は湿度が高いみたいで、何か体がベタベタする・・・気持ち悪いっ!
エビ天
昨夜は、パソコン消して、寝床に入ってから、10分もしないうちに、熟睡してたみたい。

これって、かなりの神業かも?!

窓に、叩き付けるような、すっごい雨音に目を覚ましたのは、AM5時。

ストーマくんが、コチョコチョ、こそばゆい・・・パウチ、パンパンっ!

ブリブリっと出して、また寝床でスヤスヤ、ゴロゴロ。

憂鬱な雨は、仕事に向かう頃には、やんでいた。

こんな時、ちょっとだけ『ありがとう。神様っ!』って感謝。

冷蔵庫には、母が食べきれないほど作っていってくれた、昨日の天ぷらが、まだ、たくさん残っていた。

今夜のご飯は、それを使って、天ぷらそばにしようっと、朝から決めた。

簡単、簡単。

だから、のんびり昼寝が、できるってこと。

お皿には、釣り好きな父が、山ほど釣ってきた「ハゼ」の天ぷらが、特に残っていた。

それを見ながら、たぶん、私が、夜ご飯を食べる頃には、この「ハゼ天」だけに、なってる気がした。

大皿で、一緒盛りにされていた中で、エビの天ぷらは、昨夜のうちに、とっくになくなっていた。

そして、『誰が何本、エビ天を食べたのか。』

朝っぱらから、ダイニングで、激しい論争が、繰り広げられた。

あ?あっ、残り少ない??人生、好きな物を、好きな時、好きなだけ食べられる、そーゆー人に、私はなりたい・・・と思う。

今週のロト6、キャリーオーバー3億9千万円!!

天ぷら
20060917235405


日曜日の朝9時。

今日も、仕事の私は、いつもより1時間遅い支度を開始。

やっと、お化粧にとりかかろうとしたとこで、家の電話が鳴った。

どーせ、何かの勧誘だろうと、思いながら出た。

相手は、しばし無言。

そして・・・その相手は、名前も名乗らずにいきなり言った。

「ちょっと、開けてよ。今、玄関前にいるんだけど。」

娘が、この前、「おばーちゃんの天ぷらが食べたいな?」と言ったそうで、夜ご飯の天ぷらを作りに、朝っぱらから実家の父と母が、やって来た。

私は、てっきり昼すぎあたりに来るもんだと思っていたから、びっくりした。

玄関を開けると「ピンポ?ンするなって、あなたこの前言ってたでしょ?ちゃんと開けといてよ?」とクレームをくらった。

ふと充電中の私のケータイを見ると、おびただしい件数の着信が入っていた。

すべて、玄関前からの母の仕業だった。

私、年中、マナーモードなもので・・・まるで気付かなかった。

父と母を留守役に、仕事に向かった。

ちまたは、3連休の中日とあって、仕事は、お昼も夜も結構忙しかった。

今夜の横浜は、雨。

ラストオーダーあたりに、FM横浜から流れた「哀愁のカサブランカ」

雨と重なって、切ない気分になった。

でも、心の中でだけど、一緒に口づさめる自分が、すごくおかしかった。

『結構、いい歌だったんだ?これ。』

さて、天ぷら食べるとするかな。
秋。
お日様が眩しい中、今日も、仕事場までのウォーキング。

風が、涼しいから、汗だくには、ならなくなりました。

いよいよやってくる、3度目の手術までは、キュッキュッと、気合いを入れて、肛門括やく筋を鍛えてます。

今更の、気休め。


ここんとこ、仕事場のFM横浜でよく流れる「雪の華」徳永英明さんバージョン。
とっても、綺麗な声だけど・・・やっぱ、私は、中島美嘉さんのほうが大好きかな。

『あ?、またそんな季節がやってくるんだな?』

仕事をしながら、耳を傾けていた。

季節が一周しても、何にも代わり映えのしない日々を送ってる自分に、溜め息が出そうになった。

今日の仕事が終ると同時に流れた、久々に聞いた、平井堅さんの「瞳をとじて」

聞けば聞くほど、切ない気持ちになるから、あんまり聞かないようにした。

秋の仕業でしょうか・・・

おバカさん。
20060916144132


これが、朝、食べたナチュレ「恵」。

画像を添付するの、忘れちゃった?(^_^;)
ナチュレ「恵」

『日本生まれの善玉菌SP株でつくったわたしたちのヨーグルト』らしいです。

これ、私の「今日のおめざ」です。
(はなまるマーケット風)笑

今日も、頑張って、行ってまいりますっ!
「卵たっぷり濃厚プリン」
20060916001646


セブンイレブンさんで、買ってきました。

ん?贅沢な味です。

過保護??
昨夜、仕事が終って、いつもの様に娘にメールをいれた。

「明日、お弁当どうする?」

娘の返信は、いつも秒単位。

「いるよ?今日、帰るの遅くなるから?」

ウチの門限はPM10時。

私がウチに着いたのは、10時は、まわっていた。

遅くなると言った娘は、もちろん、まだ帰宅してなかった。

ご飯を食べて、お風呂に入ったりしても、まだ娘は帰宅せず。

もうそろそろ帰ってくるだろうと、「オーラの泉」を見ながら、パソコンをいじくっていた。

『もうすぐ明日になっちゃう。』

何度も、メールをいれたけど、娘からは、まるで返事はなし。

テレビを観ていた奴が、まだ娘が帰って来ていないことに、気付いた。

もう、イライラの絶頂風。

奴が何度電話しても、娘は、出ないらしい。

それでも、奴は、しつこくかけ続けていた。

何十回目かに出た娘に、怒鳴りまくっていた。

「今すぐ、帰って来い!今、どこにいるんだ!どこにいるんだって聞いてんだよ!」

どーやら、男と一緒らしかった。

それから30分くらいして、大通りまで迎えに行っていた奴は、娘を連れて帰って来た。

ふてくさってるのか、ドアをバンッと閉めた娘に、またまた奴は激怒していた。

「何だ!その態度はっ!」

こんな時、たぶん怒っても、聞いちゃいないし逆効果?!

私「いいよ。もう。後は、私が話するから。」


怒りのおさまる様子のない奴は、怒鳴りながら、自分の部屋に消えて行った。


最近、ナンパで知り合った男の家に遊びに行ってたと娘は言った。

私「どーして、そんな危険なとこに行くの?」


夜中、こんこんと語った私の思いは、てっきり通じたものだと思っていた。

今朝・・・「ウチは、過保護すぎるよ。これじゃ、ストレスで、大腸やられちゃうよ!」と学校の支度しながら娘が言った。

結局、私の思いは、まるで、通じてなかった。


私「知り合ったばかりの男の家に行くなんて、お母さんには、信じられないよ。だって、その人がどんな人なのか、わかってないんだよ?!覚醒剤打たれたり、裸をビデオに撮られたりするかもしれないんだよ!そのまま、風俗に売られたり、殺されて捨てられちゃうんだよ!怖いんだから!」

娘「そんなことないよ。大げさだよ。」

まだパジャマのまんま、ソファーでダラダラしてる息子が言った。

「そうだよ。今の世の中、そんなことばっかりだよ。男だってみんな門限守ってるぞ!」

娘「うるさい!バカ!」


私「とにかく、お母さんの知らない人と遊ぶ時は、必ずその人の、名前と、連絡先だけは、教えて。ケータイ番号でもわかれば、万が一の時、警察で手掛りになるから。何もなければいいけど、何かの時、手掛りがなきゃ助けてあげられないんだよ?!」

ふんふんとうなずきながら「そんな事件、ロト6の一等が当たるくらいの確率だよ。」平然とした顔で娘が言った。

私のロト好きを、知っての例え。

私は、まるで、そうは思っていない。

たぶん、ロト6の5等に当たるよりも、そんな恐ろしい事件にあたるほうが、ずっと高い確率だと思ってる。

そうなってからじゃ、遅いのになぁ。

今朝、奴が私に言った。

「今、変なの多いからさ、おまえんちのあの親、うるせ?から、殺しちまおうぜ!」とかさ。

今夜の帰り道は、いつもの何倍以上怖かった私です。

寒いです。
タオルケットに、うずくまって眠っていた。


昨日あたりから、グッと、秋の気配が深まってきてる横浜。

昨日の外来の帰り・・・お日様もすっかりいなくなっちゃってて、霧雨も合い重なって、寒くてブ?ルブルだった。

いつもと違う行動をとった次の日は、すごく疲れる。

そんな日の朝は、決って『こんなことなら、毎日、仕事してたほうが、まし。』と思ったりする。

もしくは、『もう仕事なんてしないで、毎日、のんびり、ゆっくり生きて行くのもいいな?』なんて・・・ねっ、まるで、叶わぬ夢。

今朝、仕事が始まる前に、娘からメールが届いた。

「指定校推薦、受かったよ?」

大学への指定校推薦の結果が出た。

よく遊び、よく学ぶ、私よりも、化粧が濃い娘は、これで、来春から、4年生大学に進むことが決まった。

推薦枠が一名の難関だったから、ちょっとドキドキだった。

すごくお金がかかる予備校みたいなとこには、通わせていなかったし。

今日のニュースで、高卒者への求人率が上がったと言ってはいたけど、まだまだ、今のご時世、普通科高校からの就職先は・・・かなり厳しいです。

娘の面談の時、学校の掲示版で目にした就職先をみて、驚いた。

おまけに、どの会社も枠が一名。

私の時代は、大企業が沢山あったし、今に比べたら、いい時代だったんだと痛感した。

「推薦に落ちたら、フリーターになるからっ」

特別反対は、していなかった。
それも娘が決めた自分の生き方なんだから。

ただ漠然と、私みたいなつまらない人生は、歩んでほしくないとは、思っていた。

「いつも、自分を磨いて、レベルアップしていけば、きっと、ステキな人たちに出会えるよ。人との出会いは大切だよ。」私は、娘に言った。

「お母さん、なんでそれがわかってて、しょーもない人生送ってんの?全然、説得力ないよ。」

さすがに、18才にもなると、上手いことゆーもんです。

撃沈っ!

「最近、やっとそのことがわかったのっ!私、遅すぎたのっ!」笑った。

「お母さんこそ、人生の選択ミス。まさに『MISSANGEL』!」そう言って娘は、笑った。

夕方、仕事に向かおうと玄関を出たら、娘が帰ってくるのが見えた。

両手を上にあげて、振りながら、近づいてきた。

「おめでとう?よかったね?。何それっ勝利のポーズ?」

ほんとは、すごく、おめでたいことなんだろうけど・・・フトコロが・・・厳し?い!!!

もうっ教育費、高すぎです。

ウチの場合、もちろん娘にも、バイトで、学費の一部は負担してもらう予定。

めでたいのか、めでたくないのか、複雑な心境です。

やっぱ、当てるしかないか・・・?!
「黒あま チューハイ」
20060913230800


お昼、スーパーで見かけて、買いました。

あんまり、甘いお酒は、好みではないのですが、黒糖焼酎使用だったので、つい買ってしまいました。

左から「ピンクグレープ」「シークワーサー」「パッションフルーツ」です。

今夜は、「シークワーサー」を飲んでみまーす。

絹れあ
20060912213110



「セブンイレブン」さんで買いました。

13万人が選んだ懐かしのヒット商品ですって。

なめらかなレアチーズです。美味しかった?
UC外来
バスを乗り継ぎの、雨の中の外来は、ちと疲れた。

待つこと、ゆとりを持って早めにウチを出たし、待つこと1時間以上。


また今日も「ロマンティックに生きようと決めた理由」を読みながら、ひたすら名前を呼ばれるのを、待った。

あまりに長い待ち時間に、ストーマくんが、ブツブツ、ブリブリ文句を言い始めた。

それでもまだ呼ばれず、パウチは、限界までパンパンになった。

爆発しちゃったら、パウチの交換グッズも、着替も持参してないから、とんでもないはめになる。

とても忙しそうな看護師さんを呼びとめて「すみません。〇〇ですけど、トイレに行ってきていいですか?」

こんな時、今までの病院なら、呼び出しベルがあるから、ほんと助かったのに・・・

今日は、K先生に、もう一度確認しておかなきゃならないことが、あった。

次の手術後に、起こりうる、事態。

すなわち、最悪の事態ってこと。


もちろん、こんな危機管理的な質問は、奴が「必ず聞いてこいよ。」と言わなければ、私が質問するわけがない。



手っ取り早く「先生、ストーマを閉じて、今より、苦しい思いが多くなるなら、私は、このままでもいいんです。一生、ウンコ漏らしたり、しょっちゅう、お腹詰まらせて、七転八倒するのは、イヤだから。」



「最後は、〇〇さんが決めることだけれど、まだ若いし・・手術、した方がいいと思いますよ。万が一、その後、やっぱり、どうしても、漏れがひどかったり、苦しかったりしたら、その時は、またストーマにするということを考えればいいんじゃないかな?!」


K先生の話では、今の私の状態で、このままストーマ閉鎖手術を受けずに、ストーマで生きて行こうとした患者さんは皆無に等しいらしい。

いつまでも、閉鎖手術を伸ばしてても仕方ないのは、わかっていた。

外来の度に「なるべく早めに腸を使ってあげないとよくないよ。」とK先生にも言われ続けてきた。


結局、ほんとは、戻れるものなら、元に戻りたいのが私の本心。

もちろん、大腸は、元には戻らないけど、お腹に大きな傷も、出来たけど・・・

今年流行りの、スキニージーンズが、はけるような、ツルンとしたお腹には、戻ってみたいかな・・?

先日のしまねずみ通信さんで、教えて頂いた「特定疾患対策会議」の情報も、うだうだ、メソメソしていた、弱虫な私の背中を、押してくれました。

「先生、今年の最終手術はいつですか?まだ、空いてますか?」

「まだ空いてるよ。」

「なら、その日でお願いします。」

じゃーん!今日、入院と手術の予約、とってきました。

そして「お尻の診察いい?小指でするねっ」・・・「いたーいっ!」

長い診察を終えて、「お大事に。12月にまたお会いしましょう。元気でね。」


「ありがとうございました。先生も元気でね。」


外に出ると、中待ち合いにいる患者さんたちが、一斉に、こちらを見た。

そうだった・・・今までの病院と違って、診察室の声がよく聞こえるんだった。

たぶん、私の「いたーい!」は、中はもちろん、外待ち合いまで響いてたんだろうな?。


外の待ち合い席を見回すと、いたいた待ち合わせしてたCDのお友達。

彼女の診察が始まるまでの約2時間、お喋りしまくり、帰宅は7時をまわってた。


あっという間にやってくるであろう手術の日に向けて、明日から、もっと、ちゃんと、しっかりやらなきゃな?!
婦人科外来
相変わらず眠くて眠くて、たまんない日々を送っている私です。


明け方、空から小石が「パラパラ」降ってきてるような凄い音に目を開けた。

けど、またすぐにグーグー。

たぶん、今の私、大地震や火事であろうとも眠り続けてるかもしれない・・・眠すぎるっ。


今日は、半年毎に受けている子宮がん検診の日。

「女の子の日」がやっと終りそうか?終わったのか?微妙な今日だけど、とりあえず行ってみることにした。

早めに、仕事に行きたいから、予約は朝一にしておいた。

受付開始の8時半には、病院に着くように、洗濯やら支度やらをバタバタ済ませ、嵐のあとの青空の下を、せこせこ歩いた。

受付開始ぴったりに到着。

なかなか、予定通りに運ばない人生の中、こんな些細なことでも、予定通りにことが進むと、やっぱ気分がいいもんです。

診察開始までの30分は、売店で買ったイオンウォーターを、飲みながら、持ってった本を、読むことにした。

すごく楽しみに買ったのに、まだ、開いてもいなかった「ロマンティックに生きようと決めた理由」

読み初めてすぐに『やっぱ、買ってよかった?』

私には、とても、しっくり。

まだ、読み始めたばっかなのに、バッグの中で、呼び出しメロディーが流れた。

呼び出しベルを見ると『中待ち合いにお入りください。』と表示が出てた。

早く受付が出来たから、1番のり。

すぐに名前を呼ばれた。

半年毎の検査は、毎度先生が違います。

今回も、初めて会う女の先生だった。

診ていただく場所が場所だから、女の先生だと、ちょっと安心。

組織を採っての、がんの検査と、子宮筋腫を診るための、超音波検査。

「卵巣が少し腫れてますね?腫瘍マーカーの検査がしたいので、帰りに採血して行ってください。生理の時は、ありえることですが、念のために調べておいたほうがいいので。」

全ての結果は、また1週間後です。

毎度ですが、結果を聞くのも、やっぱりドキドキです。

おまけに・・・卵巣が腫れてるなんて言われたあとじゃ、余計に怖い。


なんだか、ほんと・・いいことないなぁ。

明日は、お休みだけど・・・また、忙しい1日で終りそうです。

あ?眠?いっ!
暑い日でした。
夜中、眩しくって、何度も目が覚めた。

網戸にした窓から、光輝く真ん丸の月がこっちを見てた。

眠って、起きて、月を見て、を何度か繰り返して、強烈な太陽の光で目が覚めた。


今日は、真夏なみの暑さの横浜、夜には、もうヘトヘトでした。



明日からのまた新たな一週間は、婦人科の定期検診と、UCの外来があったりで、考えただけでもヘトヘト。

さっき、メールでお話した、CDの入院友達の女性も偶然にも、同じ日の外来だった。

CDの彼女は、ずっと前から、一ヶ月ごとの外来。

だけど、最近では、あまりにIBD外来の患者さんが増えて、パンク寸前らしいです。

だから、今では、6週間ごとの外来で、早い時間はすでに埋まっていて、ラストの時間になっちゃったって・・・

やっぱりUCの患者さんが増えてるからなんでしょうか?

CDも増えてるのかな?

って事は、やっぱりこれって現代病ってことですよね。

私の予約時間と彼女の予約時間は、頭と尻だった。

会えないじゃん・・!

残念!

でも、「せっかくだから、私の終るころの時間に来て、診察の時間が来るまでお茶しない?」と誘ってみた。

「そうします。早めに行きます。」 と返信がきた。

ちょっとだけ、楽しみな外来になった。

今夜も、また、月が綺麗です。

さて、早めに、ゴロゴロするかなっ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。