なでしこブログ 「UCとお呼びっ!」
潰瘍性大腸炎の私の日記 (切っちゃった大腸の12ヶ月とそれから)
やっとできた?!
20070131200443


今日は、お休みだった。




トイレは行きたい時に行けて、ウォシュレットしたい放題の今日は、肛門のひりひりもかなり、やわらいだ。


一日中快晴の横浜で、朝から、洗濯をしまくり・・・「何で毎日洗濯してんのに、こんなに洗濯物が多いんだ・・?」と思いながらも干しちゃ?次の便をゴロゴロ回した。

やっと終えて、スーパーへ買い物に行って帰宅したらもう2時。



急いで、昨夜の残りの豚汁と納豆ご飯を食べた。

お腹がいっぱい、しかも、日が当たって、ぽかぽかなもんだから、睡魔が襲ってきた。


4時くらいに、ちょっと30分くらいの昼寝のつもりが・・・なんと気づいたら6時。

慌てて夕食の支度に取り掛かり、今、やっと出来ました?。



鶏肉と玉ねぎ、じゃがいも、白菜、チンゲン菜のマカロニグラタン。

つまりは、100円均一野菜たっぷりのグラタンです。

いっただきま?す!

スポンサーサイト
こぶたまん・・?
20070131152647



たった今、娘からメールが来た。

画像が添付されてて、「今、サンクスで買った、こぶたまんでーす。」だって?。

私の行動範囲に「サンクス」さんは、ない・・・どこにもない。

ウチの近くにも、仕事場の近くにも、ない。

急いで、返信をした。

「お金払うから、私にも買ってきて?」

「もう無理?また今度ね?」

くっそ?!見せびらかしただけだったのか??!

※これが、娘から送られてきた、その「こぶたまん」の画像です。笑
「くまのプーさん」パスタ皿
20070130221730



さっき、仕事の帰りにセブンイレブンさんに寄って、たまったシール30点分と交換してもらいました。

退院してからとゆーもの、めっきりコンビニでの買い物は減っちゃって、買うのは、「LG21」と子どもたちのおやつのパンくらい。

だから、30点は到底たまらないと、なかば諦めていたけど、ちりも積もれば山となって、なんだかんだとたまってた。

ラッキー。
ひりひりの日。
どーしたことか、今日はお昼も夜も、仕事は全開で忙しかった。



忙しいのが当たり前の週末をはるかに上回る忙しさの月曜日に、てんて
こまいの私の一日だった。

もう?肛門まわりがひ?りひり。



だって、朝の開店前、携帯ウォシュレットを持ってトイレに行ってウンコを出しきって、さて肛門を「シャー」のはずが・・・???

チョロチョロ・・・?

いくらボタンを押してもチョロチョロ・・・?

どーがんばっても、肛門まで届かず。

便器でしばし考えた。

何でだ?

ノズルを、そうじしなきゃだめなのかな・・・??


あ?!電池だ?!!



結局、肛門を洗うことは、出来ないまま、忙しいランチタイムを、ひりひりこなした。

お昼が終って、急いでスーパーで買い物をして帰宅。

ゆっくりウンコを出しきって、何度もウォシュレットでシャーシャーした。

忘れないうちに、携帯ウォシュレットの電池を入れ換えた。



デジカメ用のオキシライドってゆー電池を入れちゃった・・これしかなかったから。

よしっ安心。



夜ご飯のワンタンを作ってたら、昼寝の時間がほとんどなくなった。

そして、また始まった夜の仕事中も、トイレに行くヒマなんてなく、特別、ウンコがしたいわけじゃないけど、肛門からジワジワと出てくる水便?に、やっぱり肛門が、ひりひりしだした。



たまらなくなって、トイレに行って、タオルハンカチをちょっとだけ水で濡らして、肛門にはさんでから、パンツをはいた。



これで、かなり楽チンになった。

もちろん、ちょこちょこトイレに行って、ウォシュレットをするのが一番なんだろうけど、そうは行ってられない今日は、こうするしかなかった。


ラストオーダーを終えて、やっとこトイレに行って、タオルハンカチはポイッ!

携帯ウォシュレットで、シャーシャーやった。



やっぱ、電池交換したてだけあって、威力もまんてん。

てきめんに、ひりひりも治った。

今、「あたなにとって1番大切なものは何ですか?」って聞かれたら・・・私「ウォシュレットですっ!」って答えちゃうかも知れない。

肛門が・・・・
昨夜のご飯は、「ほうとう」


入院中に、売店で買って読みまくっていた料理の本の中の一冊「きょうの料理」に載っていたもの。

つい先日、テレビをつけたら、偶然「きょうの料理」で、その本の中の「かぼちゃのほうとう」ってゆーのを放送してた。


冷蔵庫には、この前の休日にスーパーの100円均一コーナーで買いあさった野菜たちがひしめきあっていた。

かぼちゃ、しめじ、エノキ、大根、人参・・・その「ほうとう」には、もってこいの野菜たちが、ぎゅーぎゅー詰めになっていた。


「ほうとう」っていう麺と豚肉を買い足して、野菜たっぷりの「かぼちゃのほうとう」が出来上がった。



仕事から帰って食べたら、たまらなく美味しかった。


消化がよすぎるのか?夜中は、お腹がキュ?キュ?。

何度もトイレに起きた。


今朝、起きたて一番も、まずトイレでウンコをした。


ウォシュレットをしてトイレットペーパーで軽く肛門をチョンチョンと拭いた。

トイレットペーパーにつられて?肛門から何か長いもの?が、スーッと出てきた。


しげしげ見ると・・・エノキかな?

昨夜のほうとうに入れたエノキ?避けて食べたはずだったんだけどな??

そう思いながら、ほかにも何か出てきやしないか、そっと肛門をさわってみた。

何か・・・肛門が、ぷっくりしてる??

さわっても痛くないけど、何だろ・・?これ。


イボ痔だったら痛いんだろうし、きれ痔だったら血が出るんだろうし、もちろん痛いんだろうし・・・?

そー言えば、一度目の大腸全摘手術後にもこんな肛門の時があったような・・?

あれと同じかな?



その時は、慌てて予約なしで外来に行ってK先生に診てもらった。

K先生はその時、診る前に「もし、痔ろうだったら、やっかいなんだよな・・・」と言った。

どきどきしながら、肛門を見せた。


「これは・・肛門の皮がたるんで、出てきちゃっただけだよ。」

そして、先生はギューっと、肛門の中に押し込んでくれた。

それは、かなり痛かった。


今回の、これも、そんなんならまだいいんだけど・・ちと心配。



今日で術後一ヶ月と一週間になるけど、一日のトイレの回数は、まだ12?13回くらいとかなり多い。

毎日、こんなにウンコばっかりしてれば、肛門もくたびれちゃって、ダラ?ンベロ?ンもしちゃうよ・・・

今夜は、肛門を安静にしたいので、夜ご飯は、紅茶とヤマザキの「チョコチップスナックパン」を2本にしときました。

質素。

「まんぞく君」クリームシチュー
20070126224428


今夜の家族の夕食は、しめじとエノキの豚肉巻きとほうれん草のソテー。

けど、私は「まんぞく君」クリームシチューと、ほうれん草のソテー。

仕事から帰って、たった今食べ終りました。

お察しの通り・・・?具は、昨夜食べたカレーとまったく同じでーす。

「まんぞく君」チキンカレー
20070125230502



今夜の私のご飯は、まんぞく君のチキンカレーです。

お鍋に水を入れて、ぶくぶく温めてご飯にかけた。

そこへ息子が近づいてきて「俺にも一口食べさせてくれ?」

とっくに、ご飯を食べ終えてるのに、カレーの匂いに誘われてきたらしい。

私「だめだよ?そのカレーは、私のなの?。クローン病と潰瘍性大腸炎の患者さんのために作られたものなんだから?」


「そうなの?何か普通のカレーと色が違ってて、美味しそうに見えたから、食べてみたくなったんだよ。」

確かに、色は普通のカレーに比べてクリーミーな色合いです。

野菜は、細かい角切りになってて、チキンは挽き肉でした。

もちろん甘口で、まるで・・赤ちゃんの離乳食みたいです。

まんまる。
相変わらず風邪気味。


鼻水ぐしゅぐしゅだけど、休み明けの今日も、毛糸の帽子に手袋にマフラーぐるぐる巻いて20分ちょいの仕事場への道を、せっせと歩いた。

寒いけど、お天気がいいから気持ちよかった。


つい2週間前、仕事に復帰したての頃は、この道の途中でお腹がチクチク、きゅ?きゅ?グルグルきちゃって、『どーしよう・・』と思いながら、そろりそろりとゆっくり歩いてたっけ。

今では、なんてことなく歩いてる。

ほんと、よかった。


あと、贅沢を言っちゃうと、チョロチョロの漏便での肛門のヒリヒリと、ストーマがあったとこの、パウチの粘版跡が、今でも、かゆくてたまらないのが、治ればいいんだけど。


まんまるいパウチの粘版跡は、かゆいのは、もちろんのこと、色素沈着しちゃってて、そこだけ黒ずんじゃってる。

大腸取ってから、ストーマ閉鎖までの2年間、ずーっと強力な粘着力でへばりついてたんだから、無理もないかなっ?!

まんまるい私の勲章だ?
読みたいけど・・
ここんとこ、すっごく気になってることがある。

テレビCMで流れてる「パワーフォーリビング」無料でその本を配布してくれるってゆーやつ。

久保田早紀さんやm-floの人が出てるCM。

「その時、私は神を信じた・・」

どんな本なのか読んでみたくてたまらなくなったけど、もし、勧誘とかに来られちゃったら嫌だし、家族にも迷惑かけちゃうし、気になりながら申し込みはしてなかった。

今日は、お休みでちょっと時間があったので、苦手な検索だけど調べてみた。

・・・微妙だったから、やっぱり申し込みはやめとこっ。

一生懸命調べて、パソコン部屋から出たら、奴に言われた。

「どーして、それを読みたいと思ったわけ?!」

私「その時、私は神を信じた。ってとこに、すごい興味があって、読んでみたいな?って。」


「だから危ないんだよ、お前は。そういう風にすーっと、のめり込んでいくそういう女だから。今、手術も無事に済んで、元気になって、そういうのに入らなきゃいけないような何の不満があるんだ?!」

でも、実は、気になる。まだ読んでみたい・・・
「まんぞく君」しょうゆラーメン
20070124134530



今日は、娘も息子もお弁当なし。

何か作らなきゃと、さっきスーパーに行ったとき安売りだったインスタントラーメンの「チャルメラ」を買ってきた。

それと、豚肉ともやし。

ちょうどいいから、私もさっき届いた「まんぞく君」のラーメンを食べてみることにした。

ノンフライ・無かんすいだそうです。

もやしと豚肉を炒めたものをほんのちょっとだけのっけてみた。

麺は、シコシコ。結構噛みごたえがあった。

スープは、あっさりしていて、まるで油っぽさはなかった。

うんうん。私も、意外に美味しいと、思いました。

「まんぞく君」です。
20070124101025



たった今、クロネコヤマトさんが届けてくれました。

「まんぞく君」セット全種類入り、3675円です。プラス送料735円。

おととい、これを教えてくれたCDの方からメールがきて『ラーメンとチキンカレー食べたけど、美味しかったわ。』と言ってました。

私は、仕事のある日の夜ご飯用にと、買ってみました。

早速、明日から食べてみようと思いま?す。

術後一ヶ月
『今日は、何日だっけ?』

朝、歯磨きをしながら、鏡の私と一緒に考えた。

『1月22日。22日?そっかー手術から一ヶ月経ったんだ?』

その時思った。『人間の体ってすごいよな?』

まだ一ヶ月しか経っていない。

術後、便がでなくて、苦しくて苦しくて、ひとりベッドにうずくまって『こんな思いするなら、ストーマのままでいればよかった。』と思ってた。

退院してからも、お腹の中のつなぎめもすっごくチクチク痛くてウチでうずくまってた。

今日で術後一ヶ月、退院して21日目。

まだ、チビりの漏便もあるから、すっかりとは言えないけど、ほぼもと通りの生活を送ることが出来ている。

ドレーンが入っていたとこのお腹の穴ぼこもやっと塞がり始めた。

ストーマを閉鎖したとこの、傷のかさぶたもいつの間にかとれちゃってた。

どこについてるのかわからない、目には見えない心の傷に比べて、目に見える手術の傷の治りの、早いこと早いこと。


来月の22日には、もう少しチビりの漏便が減ってるとありがたいけどな?



おまけ:相変わらず鼻水がたれ、くしゃみまでとまらない時があって、もう?たまらないから、お昼すぎ、ウチにあった「パブロンSゴールド」の玉っころを3錠飲んだ。ちなみに私、大腸取ってから、こんなにひどい風邪ひいちゃったの初めて。閉鎖して安心ちゃって、どこか気持ちがたるんでんのかな・・・?しっかりしなきゃ!

初雪。
今朝は、ゴミ当番の最終日。

とっとと終らせて、お隣さんへ札をまわした。

ふと見ると、お向かいさんの梅の木に、小さいピンクの玉がたくさんついていた。

梅の花の可愛いつぼみです。

さて、仕事に行く時間。

ストーマくんと「さよなら」した最近の私は、ちょくちょくチャリンコに、乗ってます。

今日は、仕事場へもチャリンコ。

その途中でも、黄色い梅のつぼみをみかけました。

今朝は、ほんと嫌になっちゃうほど、寒い朝だったけど、春は、もうそこまで来てるんだと思うと、気のせいだけど、少し暖かくなった。

得意のチャリンコをスイスイとばしていると、何やら上から、ヒラヒラ、パラパラ。

雪だった。



「♪今年最初の雪の華だ?」と、またくだらないことで、ワクワクしながら、ひたすらチャリンコをとばした。



お昼ごろには、せっかくの雪の華は、冷たい雨になった。



夕方、また仕事に向かおうとすると最悪・・・「女の子の日」になっちゃった。

そこそこ忙しい土曜の夜の仕事なのに、今夜の私ときたら、女の子の日と、漏便チョロチョロが重なって、ピーク時には肛門がヒリヒリし始めた。

合間をぬって、携帯ウォシュレットを持ってトイレに駆け込みシャーシャーした。

しかも、仕事が終るころには、喉は痛いは、寒気はするは・・・ぐったり。


初雪の今夜は、「雪の華」の夢でもみながら、早めに眠るとします。

めちゃ漏れっ!
今日のお昼ご飯は、カキのソテーと千切りキャベツ。

そーです。お肉ではありませんっ。笑

ひと仕事した後に、腹ペコで食べるご飯はまた格別で、よく噛みながら、もりもり食べた。

昨夜は、レタしゃぶで、レタス丸ごと一個分を食べたけど、お腹は何の異常も起きなかったから、安心していた。



お昼ご飯を終え、満腹の幸せを感じていると、なんだか股間が、生温かくなった。

次から次へと、チョロチョロ?と出ている感じ?!

『あらら・・女の子の日がやって来ちゃったんだ?』と思い込み、慌ててトイレに行った。

違った・・・茶色い水便だった。


おとといあたりから、時々チビったりしてたけど、こんなにひどい漏れは初めてだった。

ちとショック。


ここんとこ、調子づいてきて、一度に食べる量が多すぎるのか?はたまたトイレの回数が多かったから肛門がゆるくなっちゃったのか?


K先生は、「術後に漏れがひどくても、だんだんなくなってくる人がほとんどですよ。」って言ってたけど・・・これじゃ?私は、反対バージョンじゃん?!



奴は「またお前のことだから、トイレで勢いよく踏ん張ったんじゃないの?!それで、どっかが壊れたか、破けたかしちゃったんじゃないのか?!あちこちつぎはぎの腸なんだから、ケツに圧をかけすぎるなよ。それから漏便は、清潔にしとかないと、痔ろうになりやすいらしいよ。痔ろうになったら、治るまでストーマにしたりもするみたいだし、そんなことで、また入院にでもなったら、こっちが大変なんだから、しっかりやってよ。そのために、携帯ウォシュレット買ったんだから、ちゃんと使いなよ。」と騒いでいた。



もちろん、K先生の手術は、踏ん張ったくらいで破けちゃうようなちゃっちいもんじゃないとは、思いますけど・・・なんで、今さら漏れてんだろ・・・しょんぼり。
IBD外来
昨日は、退院後初のIBD外来だった。


退院前日の夜に、看護師さんから渡された診察予約票には、16日のPM4時と書いてあった。

お昼は仕事に出て、そのまま病院へ向かった。

3時には、受付を済ませ、まずは採血をした。

外科外来に着いて、予約票を出してから、トイレをすませ、お茶を買った。

その時、外科の入り口には、『只今、2時の予約の方の診察をしております。』と出ていた。

1時間以上は遅れてた・・


待っている患者さんの中には、待ちくたびれたのか?ぐったりしている人が何人かいた。


看護師さんが出てきて、そんな何人かに次々と声をかけ始めた。



「S先生ですと、まだお待ちいただくようになります。5時くらいの診察になりますけれど、K先生でよろしければ、もうすぐ診察できますが、どうしますか?」

みなさんK先生でもよいと答えていた。



今回の私の予約票の、診察医師のところには、「Aチーム」と書かれてた。



入院して知ったことだけど、この病院はチーム医療制度とかいうのを、行っているそうで外科病棟のIBDの治療にあたっている、S先生、K先生、O先生、F先生のグループは「Aチーム」と呼ばれていた。

4時ちょい前に「〇〇さん、中待ち合い室へどうぞ。」と呼ばれて中へ行った。

中も、すごく混んでた。

「〇〇さ?ん、どうぞ?」

私の名前を呼んだのは、O先生だった。



今回の入院で初めてお会いしたO先生は、どんなことにも、わかりやすく、ゆっくりと説明してくれる、私にとっては、ペースの合う先生です。

そりゃ?今までずっとK先生の診察だったから、できればその方がよかったけど。

なんたってS先生の患者さんが多い分、K先生に回ってくるわけで・・・


「私は、無事に閉鎖手術まで終了したし、これも新しい運命の展開なのかな?」とか、診察室に入るまでの間、またくだらないことを考えたりしていた。



まずは、もちろん、じんま疹の時の、救急の対応のことを話した。

O先生は、謝った。「それは、すみませんでした。行き違いで嫌な思いをさせてしまって。ただ、じんま疹が出た場合は、やはり私たちではなく、皮膚科に診てもらうようになったと思います。」



私「今後、お腹が痛くなったりの救急の時は、私はどうしたらよいのですか?」



「外来が開いてる時間は、IBD外来がない日でも外科外来に電話をしてください。それ以外は、救急外来になりますが、病棟には必ず私たちの誰かしらがいますので、安心して来てください。ただ、深夜の場合は、違う医師の場合もあります。お腹が痛かったり、便が出なくなったりしたら、すぐに来てくださいね。」



そう言われても、この前の看護師さんの対応もあるし・・・どこか不安で、ほんとにほんとなのか、繰り返して、しつこく聞いた。


それでも、O先生は丁寧に答えてくれた。

やっと納得、安心。



血液検査は、何の心配もなく、今回は、便の回数を減らすために「ロペミン」という薬が出された。

聞きたいことも全部聞けて、今日は、O先生でよかったかも?と思いながら、病院前の薬局で薬を受取り、横浜駅行きのバスに乗った。


東口のそごうに寄って、お見舞いを頂いた方たちへの、快気祝を選んで配送をしてもらった。

奴の親友の、もうすぐやっと1才の子に、ソニープラザでプレゼントを買った。

そして、満員電車に乗って、ウチに向かった。

駅前のスーパーで夕食の買い物をして、帰宅したのは7時半近かった。

そのまま夕食づくりに取り掛かろうと、もやしの袋を開けたとこで、プルルルル?電話が鳴った。

私「はい。〇〇です。」

「急にお電話してすみません。市民病院の・・・」

K先生だった。



「〇〇さんは、僕が診たいから、他の先生に回さないでって言ってあったのに・・・僕の知らない間にすり抜けていっちゃったみたいで、気づいた時は、もう診察を終えて帰っちゃったあとだったんです。」

私「そうなんですか?でも、O先生に診ていただけたので。予約票にも診察医師Aチームって書いてあったので。K先生じゃないんだな?って、納得してたんです。」


「違うよ。僕の診察だよ。具合いはどう?体重は、いくつになってる?」

そこから、電話での診察が始まった。


「次の診察では、必ずお会いしましょう。楽しみにしてます。」

私「はい。わざわざありがとうございました。」


『ホストの決めせりふじゃあるまいし・・・』電話を切ったあと、ひとり笑った。



奴に外来の報告をすると、O先生だったって話たとこで、すでにムッとし始めた。


そして、K先生が電話をくれたこと話すと・・・「それで?結局病院は、かえないわけね?!それじゃーお前は、まるで、またたびを与えられた猫だな?!」

奴は、また、わけのわからない例えを言い出した。

でも、患者にしてみたら、親身になってくれる医師の方が、いいに決ってますから。

今は、まだこのままの病院でいようと思います。
「レタしゃぶ」
20070117210633


今日の夕食です。

一人につき、レタスまるごと1個と水菜と豚肉のしゃぶしゃぶです。

私は、まだ、肉は5枚しか食べませんでしたが、レタスと水菜は完食しました。

いくら野菜とはいえ、ちょっと食べすぎかな・・?!

焼きたてっ!
20070117145758


今日は、お休みなので、冷蔵庫に余ってた頂き物のリンゴで「アップルパイ」を作りました。

只今、焼きあがったばっかりです。

紅茶でも入れて「いただきま?す!」

「おひさしぶりです。」
20070116213342



昨夜、私の仕事場に常連様のパティシエがご来店した。

私が、オーダーを伺いに行くと「お久しぶりです。」と、言われた。

そして、お帰りの際、また頂いちゃった。

でも、まだ私、洋菓子は、自粛。

脂質が多いかな??と、思って。

ウチに持ち帰ると、子どもたちは、大喜びでパクついていた。

私が作ってあった、おしるこなんて、そっちのけで・・・

今夜も、まだおしるこ残ってる?
チビった・・・
昨夜の仕事中、そんなに忙しくないわりには、お客様が途切れることなくて、トイレに行くタイミングを逃していた。

別にお腹が痛いわけでもなかったし、何かを出したいってわけでもなかったし。

ラストオーダーを終えて「いってきまーす。」トイレに行った。

サルバDパンツを下げて便器に腰かけようとしたら「あっ!」

パンツには、茶色いシミが、ついていた。


どうやらチビってたみたい?!



自分では、まるで気付かなかったけど、便器に腰かけた途端に、『待ってました』とばかりに肛門から、まずはシャーシャー、そしてニョロニョロ。


お腹がキューっと、きてたわけでもないけど、ウンコは結構溜ってたらしい。



どーやら、ウンコの気配はなくても、時々トイレに行ってこまめに出さなきゃダメみたい。



そして、今朝もまたチビった。



スヤスヤ気持よく眠っていた時、お腹から肛門あたりまでがキューっとしだした。

それでも、眠くて眠くて・・キューを感じながらも、そのまま眠ってた。

あまりのキューのしつこさに、トイレに行った。

まだAM4時だった。

「あっ!」



お風呂上がりに履き替えたばかりの、新品のサルバDパンツに茶色いシミが・・・

術後から、一度も漏れたことなかったのに、なんで今頃になって漏れ始めちゃったんだ?

肛門さまが怠け始めてるのかな・・・?

術後24日目(退院14日目)
只今私は、「まんぞく君」の注文を終え、大満足で、布団の中です。

今日のトイレの回数は朝起きてから、今の夜中の1時までで13回、便の様子は、つい先日までの、シャーシャーした水便から、肛門からニュルニュル?っと出てくる感じの泥便に変わってきたようです。

但し、水分を多量に飲んだすぐあとの便は、すっごい水便だったりもします。

今夜の夜ご飯は、味噌煮込みうどんを食べました。

具は、たっぷりの白菜です。

10時半頃に、夜ご飯を食べ終えてから、ここまでで4回トイレに行って、ウンコを出しました。

あまりに連続のウンコで、肛門が痛かゆくなって、慌ててアズノール軟膏を塗りました。

これでなんとか眠れそうです。(-.-)zzZ

不安だよ?!
昨夜、うっかりしちゃった。

じんま疹の薬を飲むのを忘れた・・・アレグラ錠。

朝と寝る前の、1日2回の1錠ずつだけど、これを飲み始めてから、じんま疹は引っ込んだ。

今朝起きて「かゆい?」と思って鏡で見たら・・・また出ちゃってた。

左の首から肩あたりにかけて、やぶ蚊に刺されたみたいな、大きなぶつぶつ。

「LG21」を食べて急いでアレグラ錠を、飲んだ。

そしたら、仕事に入る頃には、すっかり引っ込んでいた。

つまり、このじんま疹は、今んとこ、薬で治まってるだけってこと?!

ちょっと不安になった。


不安と言えば、今日は、とんでもないことが起きた。

お気に入りだった携帯ストラップが切れちゃった。


そのストラップの、水晶だかロッククリスタルだか、今だ解明されていない透明な玉たちが、リビングの床をコロコロコロコロ・・・。

慌てて拾い集めたけど、かなり足りない気がする。

これって、いよいよ偉大なる大地のパワーの炸裂か・・それとも、とんでもなくよくないことがやってくる前ぶれか・・?

不安だ?!

「まんぞく君」
お昼の仕事を終えて、そそくさとウチに帰宅した。

本日の我が家の夕食は、総菜コーナーで買っちゃった、鶏のからあげと、ごぼうとにんじんのキンピラ。

それから、厚揚げを買って、その上にネギとけずり節をのっけただけのもの。

だって、今の私・・・なるべく、体を休めなきゃいけないから・・・かなりの手抜き。

この厚揚げのメニューは、厚揚げをレンジで「チン」してから、長ネギの小口切りと、削節をのっけただけ。それを、しょうが醤油で食べるだけ。

大根おろしをのっけたり、ぽん酢で食べたりしても美味しいです。

安くて、簡単すぎるわりには、結構いけるし、お腹もいっぱいになるしで、これ、私のお気に入りメニューの一つ。


でも、今の私の体には、厚揚げは、まだ早い?・・・やめといた。もちろん、鶏のからあげと、キンピラなんて、もっとダメ。


腹ペコになりながら、お昼ご飯を作っていたら、メールがきた。


今回の入院で、お友達になった、私より6つ年上のCDの方からだった。


今日、退院できた彼女は『午前中に、家に着いて、お昼ご飯を食べてのんびりしています。栄養指導で「まんぞく君」っていうのを頂いたんだけど、食べたことある?』


私『手術を受けたUCには、栄養指導は、あんまりしないみたいだよ。まんぞく君?私、聞いたことも、見たこともないよ。どんなの?』



『たとえばね、インスタントラーメンは、一般のものに比べて、脂質が1/10以下、他には、チキンカレー、ビーンズハヤシ、ビーンズミートソース、ホワイトシチューもあるの。お試しセットっていうのがあったから、試しに注文してみようかと思って。』



私『食べたら、感想を聞かせてね。私、夜ご飯何食べたらいいか困ってて・・・』



彼女の感想だったら、私もお試しセット頼んでみようと思ってます。



あと、気になるのは、お値段です・・高いのかな・・・?!(^_^;)

おやつです。
20070112153104



つい先程帰宅して、まずは、しっかりお昼ご飯を食べた。

それでも、まだ何か食べたいから昨日買っておいた「バナナチップス」を食べながら紅茶を飲んだ。

私、この「バナナチップス」が、むしょうに食べたくなる時があるんです。

食べながら、しげしげと袋を見ていたら 『このバナナチップスには、食物繊維、カリウム、マグネシウムが含まれています。』って、書いてあった。

今の私には、ヘタなお菓子をおやつに食べるより、これのほうがいいのかも・・・?!

退院11日目(術後21日目)
今日も、横浜は、晴々。

『あ?寒い、寒い。』


しぶしぶ起きて、子どものお弁当を作って、洗濯物を干して、ドリンクタイプの「LG21」で一服した。



そして、お化粧を始めた私は、すっかりいつもの私に戻ってる・・?!

まだ頻繁にやってくる私の苦手とするチクチク風の腹痛と、一日15回は下らないトイレの回数を除けば話ですけど。


昨日から復帰をした仕事場では、今回の短い入院中に目にした、耳にしたあれやこれやを、思い浮かべながら・・・『そ?ゆ?私は、どーなんだ?!』と「人のふりみて、我がふりなおせ。」を肝に銘じて、励んでいます。

いつまで続くやらですけど。




お昼の仕事を終えてから、息子がくれた、今日までが期限のハンバーガーの無料券を持って「マック」が入っているスーパーに向かった。

もちろん、特別食べたかったわけでもないけど、卑しい私は、無料に弱い?!


今のとこ、仕事へ行く前の朝ご飯と、仕事から帰宅した遅めの夜ご飯は、超?軽めにして、お昼だけは、比較的もぐもぐと食べています。

まさか、ハンバーガーだけを、タダでもらう勇気はないかから、あと、何を頼もうかと悩んだ。


いくらおバカな私でも、術後間もないこの時に、自ら好んでトランス脂肪酸を摂取する気にはなれず、さすがに揚げてあるものだけは、削除した。


てなわけで、選んだのは「グリルチキンと冬野菜のピタマック」とかいう季節限定もの?

帰宅して、紅茶を入れて、もぐもぐ食べた。

家族の夜ご飯には、焼きうどんを作った。


私は、夜ご飯をたくさん食べると、夜中のトイレが益々増えちゃって、眠る暇がなくなっちゃうので、夜はあっさり消化によさそうなものを、ちょっとだけ食べることにしています。


でも、今までお肉こってり、脂大好きで生きてきた私には、あっさり、さっぱりメニューは、あまり思い浮かびません。

どなたか、是非、お腹に優しいおすすめメニューがありましたら、教えてくださいませませ。

仕事始め。
昨日、皮膚科外来で処方された薬が効いたのか?

今朝から、まるで、じんま疹は出ていない。

塗り薬の「オイラックス」は塗ってないし、救急外来で出されたのと同じ「ネオマレルミンTR」も「どうしても痒くて、がまんできない時だけ飲んでください。」と言われたから飲んでいない。

て、事は・・「アレグラ錠」って薬が効いているのかな?それとも、もう、じんま疹自体が治まったのか?

まっ、治ったならそれでいいかっ。


退院後、予定していた通りに、今日から仕事に復帰をした。

通勤バッグは、退院前に使ってたものより、3倍以上は大きいバッグに変えた。

漏便グッズを入れなきゃならないから。

もちろん、携帯用ウォシュレットも入れた。

親友の「え??もっとゆっくり療養したら?」家族の「ほんとに、大丈夫なの?」を尻目に、何とか無事に一日を終えた。


今回の退院後、家族は「今までの3回の手術の中で、今回が一番退院してから元気がないし、やる気もないように見えるけど、大丈夫??」と、毎日のように言っていた。


自分でも、今回の術後が一番しんどいような気がするけど、いつまでも、甘ったれちゃいられないし、確かに回数は多いけど、トイレのペースも自分なりにつかんできたし・・・『貧乏暇なし。』今日は、私の仕事始めです。

「明太子の日」
おとといくらいから、何故だかわからないけど、急に、明太子が食べたくて食べたくてたまらなくなっている。

でもでも、私、まだまだ食事には気をつけなくてはなりません。

明太子・・・塩分高そうだし、刺激も強そうだし。

そうは思いながらも、昨日、病院の帰り、腹ペコで寄ったスーパーで、買っちゃった・・・お昼ご飯として食べようと、納豆の手巻き寿司と明太子の手巻き寿司。

よ?く噛んで、美味しくいただきました。

今朝、紅茶にパンを頬張りながら「はなまるマーケット」を見ていたら、なんと今日は「明太子の日」らしい。

だから、明太子の特集をやっていた。

美味しそう?!

あったかいご飯に、山盛りの明太子を乗せて、むしゃむしゃ食べれる日を夢見て、私は、今から仕事に行ってまいりま?す!

行ってきました。
今朝は、気合いを入れて早起きをした。


退院してから、昨日までは、ずっとのんびり起きてたから。

今日から子どもたちの学校も始まるし、なんたって、外科外来に電話してみなくちゃいけないし。


みんなを送り出してAM7時半、ドキドキしながら病院に電話した。

出たのは、あの救急の日と同じ警備員室だった。

「外科外来をお願いできますか?」と聞くと「8時半頃から、電話交換の人が来ますので、またその頃に電話してください。」と言われた。

8時半ピッタリを待ち構えて、電話をした。

でたでた、交換手さん。

私「外科外来をお願いできますか?」

「かしこまりました。」



ここからの何秒間、願いを込めた。



『どうか、せめて、この前の怖い人がでませんように・・・』

「はい、外科外来です。」

天使のような可愛らしい声だった。


「わかりました。11時までにいらしてください。診察いたしますので。」

私「あの・・今日は、午後からK先生の外来がありますよね?できたら、K先生に診ていただきたいのですが。」


「午後のIBD外来は、予約の方以外は診れませんので、今日の午前は、S先生が診察いたしますので、いらしてください。」


もたもたしてたら、受付に間に合わないから、電話をきって慌てて着替えて向かった。


外科外来では、一時間ほど待って呼ばれた。


「はい、〇〇さん、こんにちは?どう?じんま疹とまらないの?」

いつもテンションが高いS先生。

じんま疹のことを話して、今、出てるとこを見せた。

「わ?ひどいね?他に傷の痛みや便の漏れはどう?トイレの回数は?」

私「特別な痛みはありません。トイレは平均15回です。」


「ちょっと多いな?15回は。じゃ?〇〇さん、今ね、皮膚科に手紙書くから、このまますぐ皮膚科外来に行ってくださいね。」

結局は、皮膚科外来に行くはめになった。

そこでも、また一時間くらい待たされた。

皮膚科でも、またまたあれこれ聞かれて結構長い時間、診察した。


結果、飲み薬2種と、塗り薬1種を処方された。

UCで飲んでいる薬との飲み合わせと、薬の副作用を質問してから「このじんま疹の原因は何でしょうか?」と尋ねた。

「そうですね・・・ストレスとかでしょうかね。」

???

それ以上質問は聞かなかった。

会計でも、またまた待たされて、疲れて帰宅した。




奴に聞かれた。「救急の時の対応のこと、言ってやったのか?」

私「K先生じゃないから、言ってないよ。来週あるK先生の予約外来の時に言ってみるから。」

「だめだな?お前は。何やってんの?!S先生だっていいんだよ。もっと偉いんだろうから。言ってやれよ。私を殺す気かって。」

言えません。

皮膚科の薬

◎アレグラ錠
◎ネオマレルミンTR錠
◎オイラックス

ストーマ閉鎖から13日目
術後から約2週間、退院してから、約1週間が経った。

今日は、朝起きてからこの時間まで、トイレの回数は13回。

もちろん、お腹から肛門までがキュ?っときたら、すぐトイレに行ってるわけだから、トイレの回数分の13回ウンコをしている。

まだまだ水便だから、音がすごい。

明らかに、今後、仕事場や外出先での大きな悩みになるでしょう・・・この「ブリブリッブー」が。

もう、開き直るしかない。



昨日、たった3回ウォシュレットをさぼったら、今夜になっても、肛門がヒリヒリ、カユカユで、今、私のお尻は、アズノール軟膏でベッタベタ。

そして、体は、いっこうによくならないじんま疹。

さっきお風呂上がりに、カラダ全体に、救急外来で出された、レスタミンをペタペタ塗った。

夕方から、またストーマの奥の繋ぎ目がチクチクと痛み始めた。

私、この痛みに、たいそう弱くて、これが始まると毎回じっと縮こまっています。

今、これが一番の苦手なものです。



さて、明日は、K先生の外来がある日。

私、予約なしだけど診てもらえるかな?

朝、また外来に電話してみなくちゃ。

診てもらえるといいけど・・・

携帯用ウォシュレット
20070108110632
退院祝?として奴が買って来てくれました。

仕事場でも、出かけ先でも、いつでもお尻が洗えるようにと。

奴曰く・・「清潔にしてないと痔ろうにもなりやすいやすいらしいよ。」

昨日のトイレの回数は、15回。そのうち夕方からの3回くらいウォシュレットを使用せずに済ませていたら、夜にはお尻がヒリヒリし始めた。

慌ててお尻を洗って、アズノール軟膏を塗った。

やっぱり今の私には、なくてはならないウォシュレットです。

ただこの携帯用は、ウチのウォシュレットと違って、保温機能がないので、中に入れたお湯が冷めると、冷たい水が出てくるそうです。

ヒヤッ。

今から説明書を読みながら、ちょっと試してみようと思います。

絶食。
今日は、朝から、実家の父と母が、退院後の私の様子を見にやってきた。



あの日、手術が終わった後のK先生からの説明に、奴と一緒に同席した父は、術後の私が垂れ流しにならなくて済んだことを、たいそう喜んでいた。



K先生からの説明では、ずっと垂れ流し・・・その可能性もかなりあると聞かされていたらしい。



そんなこともつかの間、じんま疹を見せると、二人共すっごくビックリしていた。



「皮膚科で診てもらってください。」と言われてることを話した。



「手術して間もないんだから、まず主治医に診てもらってから皮膚科に行くなりなんなり決めてもらうことでしょ?!お腹の中が何かなってたらどうすんのよ??」と、口を揃えて言った。



私「でもね・・とにかく、今までのとことは、随分感じの病院だったから・・・」と、入院中の看護師さんの対応のあれやこれやを話した。



「そーなの・・?そういうのは、病院全体の資質の問題だよね・・・アンケートとかなかったの?」



私「病棟のデイルームにあったよ。でも、あんなとこにあったって、書いて入れられるわけないじゃん。いつでも、誰でも、勝手に開けて、見れるようなとこだよ?!書く人なんていないよ、きっと。」



それに・・資質ならこんなちっぽけな私なんかが言ったって、まるで無駄なことじゃん?!と思った。



そんな話をしなが、私は、超?久しぶりにお化粧を始めた。


入院してから今まで、ずっとスッピンでウチに、ひきこもってたけど、今日は、父と母も来たことだし、お昼ご飯の買い出しに、一人でスーパーに行ってみようと試みた。



じんま疹もかゆいけど、やっぱり外出で心配なのは、もしもの漏便。


少しモッサモッサするけど、安心だから、はくオムツ「サルバDパンツ」で出発。

幸い、キューンと腹痛がくることもなく、無事に帰宅ができた。

正味30分くらいの外出だったけど、お天気がいいから、気持ちよかった。


早速、買って来たお蕎麦を茹でた。

父と母と家族には、お惣菜コーナーで買った「かき揚げ」も付けて天ざる風にした。


さすがに、自分はまだ天ぷらを食べたらまずいだろう・・と自粛して、その代わりに、大好物の焼き鳥の皮を2本買ってきた。

出来上がって、席に着いた途端、父が言った。

「まさかそれ食べるんじゃないよね?!ダメだよ。そんな脂ものダメに決まってるよ!」

私「え?油使ってないものだから、いいと思って買ってきたのに・・」

皮の焼き鳥は、とりあげられた挙げ句・・「少し自分に厳しくしなきゃダメだよ。自分が苦しむのも、もちろんだけど、周りの人にだって、迷惑かけるんだよ。救急にかかるのだって、入院するのだって。」

説教くらった。



続けて父は言った。「それにしても、〇〇くん(奴)の部屋は汚いな?一家の主があんなんじゃ金は貯まらないよ!」

ついでに、とんだとばっちり。

私「それは、私が入院中で大変だったからでしょ?!片付けてる暇もなかったんだよ。」

「違うよ。お前が入院する前の話だよ。」

まったく・・・きれい好きな父は、誰もいない時、どこまでチェックしてんだかっ。

散々、喋りまくって、まだ明るいうちに、父と母は元気に帰って行った。



今夜の我が家の夜ご飯は、娘のたっての希望でピザの宅配になった。

さっき、バイトから帰宅した娘と息子は、今、楽しそうにピザを食べています。

もちろん、自分に厳しく、自粛をしなければいけない私は食べません!

それに、お昼ご飯食べてから、何だか胸がムカムカする。

お蕎麦で胸やけ・・?

今夜は、絶食にしときます。