なでしこブログ 「UCとお呼びっ!」
潰瘍性大腸炎の私の日記 (切っちゃった大腸の12ヶ月とそれから)
ヘタクソですよ!
昨日・・・AM5時。




ダブルワーク3日目が終わった。



「ありがとうございました。お先に失礼します。」



まだ居残ってるお局さま?2名と社員の男性に挨拶をして退社した。




「また来週も来てね。」・・・ナンバー2?のお局さまが言った。




その言葉を背中に扉を閉めた。





なぜだかわかんないけど急に涙が出てきた。





K先生は・・「まだまだ早いよ?」って言ってたけど・・・やっぱ更年期かしら?!





初日は・・・指サックをつけて伝票切りをしまくって終わった。




2日目・・・私を含めてアルバイトは3名だけだった。





あとは男性社員さんが2名の計5名。





とても感じのいいナンバー2?のお局さまと、明るくて気さくな主婦の方に教えてもらいながら新しい伝票整理を覚えた。




この日は比較的暇で、男性社員さんたちは手がすくとこちらに来て気さくに色々と話してくれた。




「今日はあのババアがいないから静かでい?よな?」






あのババアとは・・・私の教育係?のお局さまのことだった。





ここで仰天真実。






なんと・・・一番偉そうにど?でもい?ようなことに怒鳴りまくり仕切りまくってる私の教育係?は、入社1年で他のアルバイトさんとほとんどかわりないらしい。




私が勝手にナンバー2のお局さまと思ってた方が入社3年でここでは一番のお局さまってことだった。






男性社員さんは「パソコン出来なくたって大丈夫だよ。そこそこ仕事覚えたら、今俺たちがやってる仕事を手伝ってほしいんだ。」





そして3日目・・・5分も遅刻してるのに堂々とやってきた私の教育係は、山積みになってる伝票整理をしてる私に言った。






「あのさ?伝票も大切だけど?出勤したらまずパソコンの電源入れないと!」




『そんなこと聞いてね?し?』




そこからいきなりパソコンの仕事を教えられ・・・も?怒鳴られっ放し。




「あなたさ?タブルクリックヘタクソね?!」デカイ声で連呼された。




あんまり言われるから、ダブルクリック連続でしまくったらパソコンが固まっちゃった。




なでしこの必殺技・・・トリプルダブルクリック?!





「も?ダブルクリックヘタクソだから、やらなくてい?から!ここをクリックして!」




嘗て・・・・お隣さんへの嫌がらせで逮捕されたあの「引っ越しおばさん」にソックリなこの女・・・ど?やらこの女もダブルワークらしく、その日はそ?と?ヘタレてる感じだった。





だからって、こっちにぎゃ?ぎゃ?あたりちらされたら、出来るもんまで出来なくなっちゃうわ。




そんな感じで終えた3日目は風邪だし疲れてしょんぼりだった。





「ど?したの?その顔。」




朝、泣いちゃって目を腫らしてる私の顔を見て奴が言った。





私「ダブルクリックがヘタクソって怒鳴られ続けて・・・」






「確かにヘタクソなんだろうけど、面接の人にパソコン出来ません。って言ってるんだろ?だからいいんだよ。それに、お前はそんなこと言われたくらいで泣くような女じゃないから・・・・疲れてるんだよ。」






明日の夜は4日目。






ここで辞めるのもぜ?んぜんアリだと思ったけど・・・ど?せならあの女にみんなの前で一泡吹かせてから辞めるのもアリかも??!






とりあえず、明日は出勤してみよう。
スポンサーサイト
♪なんでだろ?なんでだろ?なんでだなんでだろ?♪
この前の水曜日・・・胆石を調べるための超音波検査のために市民病院へ行った。



朝起きたら、あまりにも喉が痛くて声もかれちゃって・・・体もダルいしかなりしんどかった。




病院に到着して・・・せっかく病院に来てるんだからついでに診てもらっちゃおうと企んだ。



まずは検査予約の受付を済ませた。





まだまだ時間があったから診察相談コーナーとやらで症状を話して・・・この病院には「風邪」を診る科は存在しない?とゆ?ことで、喉が痛いから耳鼻咽口科で診てもらうことにした。



紹介状がないから初診療3150円が別途かかるって言われた。




ちと悩んだけど・・・新患カルテを作ってもらって耳鼻咽口科の受付に出した。



先に超音波検査を済ませて、しばし待った。



喉を診られながら「オエッオエッ」やっちゃった。



だけど、あまりよく見えないから鼻から管を入れて診るって先生が言い出した。





気持ち悪かった?




診察を終えて、先生の話を聞きながら、目から涙?鼻から鼻汁?がダ?ダ?と流れ出てきた。




いつもこんなことをするCDのお友達を心底スゴイと思った。




苦しい思いをして診てもらった甲斐があって、熱は出たものの薬が効いたのか?すぐに下がってくれた。



あれから3日、咳はまだ少し出るもののだいぶよくなってきた。





ところで・・・会計の時名前を呼ばれて、そ?と?覚悟を決めて席を立ったものの「自費咽口科のお会計は410円です。」





なんでだろ・・・?!ドキドキして損しちゃった。
初仕事

ウィダーインゼリーを飲んで、エビアンを持って・・・15分前に到着。



「まっ逆さ?ま?に?堕ちてデザイヤー?」



私だって結婚前は、まさかこんなことするとは思ってもみなかったわ。



実家の両親に知れたらそれこそ寿命縮めちゃうから内緒。



深呼吸して・・・禁断の扉を開けた。




本業とは正反対で、私ここでは今日から一番下っぱ。



私「おはようございます。今日からお世話になります〇〇と申します。」




先日紹介された男性社員と・・・女性が一人いた。




元ヤンのニオイがするその女性は、チラッとこっちを見たけどシカト状態だった。



男性社員さんがタイムカードに案内してくれて・・・「もうじきベテランが来ますからここで待っててくださいね。」




ここが私のデスクってことらしい。



「おはようございます。」




続々と出勤してきた。と言っても私を入れて全員で7名。




みんな揃ったとこで男性社員さんから紹介された。



「今日からの〇〇さんと〇〇さんです。」




私より先に来ていた元ヤンさんは・・・私と同じ新人さんだったってわけ。




私「今日からお世話になります。〇〇と申します。よろしくお願いします。」




立ち上がって挨拶したけど・・・みなさんペコっとお辞儀をしてくださったような・・・?してないような・・・シ?ンって感じ。




もしかして・・・深夜の仕事は静かにしなくちゃいけなかったのかしら?!




せめて最初くらいは、みなさんの自己紹介?お名前くらいは聞きたかったわ。




私に仕事を教えてくれたのは、肝っ玉母さんみたいなお局さま。



元ヤンさんの教育はナンバー2のお局さま。




43年も生きてきたのに・・・この世にはまだまだ私の知らないことがいっぱいあるのね?!



指サックなんて、どの指にはめてどんな風に使うのか知らなかった。




私「すみません。私、事務仕事は初めてなんです。これは・・・ど?やってつけるんでしょうか・・?」




「これは?こ?やってつけてください!」

薄々はわかっていたけど?!・・・人指し指だってこと。



私「はい!わかりました。」



そ?言って伝票を捲り始めた私にお局さまが言った。



「そのめくり方じゃ?まるで指サックつけた意味がないでしょ?!」



指サックをした人指し指はピ?ンと立てながら、中指で伝票を捲ってたわ。



初出勤の私の仕事は・・・社員の男性がパソコンで打ち込む注文書が、あっちの方にある機械からガチャガチャ言いながらどんどん流れ出てくるやつを切り放して右端の耳ってとこを切り取っる作業から始まった。



一応、私のデスクってゆ?のも決められていて・・・椅子だってキャスター付きよ。




そこでひたすら伝票整理。




伝票を取りに行く時には、キャスターを活用してちとデキる女風に移動したりしてみた。




お局さまが私のもとへ注意しにやって来る時も椅子に座ったままクルクルって・・・やってる。



何度注意をされたことか・・・右じゃなくて左の耳を切り放しちゃったりしちゃったの。




お猿でも出来そうな仕事をしくじっちゃったわよ。



途中、パソコンでやる仕事の説明もされたけど・・・まるでわかんない。



「半角のカナはF8・・・オルトと矢印を同時に押して・・・」



面接の男性は「パソコンはまるで出来なくても大丈夫ですよ。」って言ってけど・・・



AM5時10分。

「じゃ?今日は上がってください。」




私「ありがとうございました。お先に失礼します。」




薄明るくなった空でカラスが「カァ?カァ?」励ましてくれた。



2日あけたから、仕事忘れちゃったような・・・




明日あさっては連続勤務。




只今かなりの風邪気味。




今日市民病院で薬出してもらったから、明日には少しは楽になるかな?
ダブルワーク
「背に腹はかえられぬ」



「時は金なり」




「働かざる者食うべからず」



「お腹と背中が?くっつくぞ??!」




いろんなことわざが言ってるように・・・もう一つ仕事をすることにした。




話はとんとん拍子に進み、私もこれで格差社会で今流行りの「ダブルワーク」ってやつの仲間入り。




あれは、IBD外来で初めて神さま?に会った日の帰り道だった。



横浜駅構内を抜けて、東口に向かう途中・・・真ん中の柱に無料求人雑誌がいっぱいささってた。




バスの中での暇つぶしにと、手に取りバックに突っ込んだ。



そごうで、夕食の買い物をしてバスに乗り込んだ。




新しくオープンするお店がいち早くわかったりして、求人雑誌って結構面白い。




前々から、ダブルワークしてみようかなって思ってたものの・・・フルタイムで働いてるもんだから、そ?都合よく私に合った時間帯の仕事はなかった。




それと・・・奴が大反対だった。



「自分が大腸ないことを忘れてんのか?!体壊したら元も子もないっ!」




でも・・・「お金がないのは、首がないのと同じ」って昔の人は言ってたそうな。



「週3日可」「時給1200円?」「0時?5時」・・・目を奪われた。




ウチからチャリで20分くらいのとこにある大手酒店さんの夜間受注業務だった。



思い立ったが吉日。



帰宅して、すぐに電話してみた。



翌日、仕事の合間にチャリをこぎこぎ面接に行った。



履歴書を書いたのも、面接されるのもどんだけぶりだっただろうか。



朝、撮ったばかりのホヤホヤの証明写真が、ちと恥ずかしかった。




私と同じ年くらい?の男性が来て、名刺を渡されて面接開始。




色々質問され、こちらも色々お聞きした。




「〇〇さんがよろしければ、うちで働いていただければと思いますが、いかがでしょうか?」




結果は後日とかじゃなくて、即決だった。



私「はい!よろしくお願いします!」





「月曜日から出勤の〇〇さんです。よろしく頼むね。」・・・一緒に仕事をして教えてくれる男性社員さんに紹介された。




私「〇〇と申します。よろしくお願いします。」




奴には事後承諾みたいなもんになった。




「夜中も働くなんてそんな甘いもんじゃないぞ!とにかくウチにいる時は体を休めることを最優先にしないと、倒れたり体調崩したら結局みんなに迷惑かけることになるんだぞ!少しでも無理だと感じたらすぐに辞めること!」





そして明日の夜が初出勤。




新しい職場は、ドキドキするわ。





私、事務職は初めてなんだけど・・・途中で爆睡してクビにならないようにがんばらなくちゃ!





だから今夜は早く眠っとこうっと。
届いた
昨日、忙しかったランチタイムを終えて帰宅して、ちとゴロゴロしようとしてたら・・・「ピンポ?ン」




時々・・・「よかったらお読みください。」とか何とか言っちゃって、変な冊子みたいなのを持ってやって来る宗教団体の勧誘だと嫌だから、必ずまずはインターホン。



「は?い!」




「書留でーす!」





ランチタイムを終えて帰宅する途中にちょくちょく見かける、いっつもつまんなそうに配達してるの郵便配達のおじさんだった。



何を届けて貰うにせよ、ど?せならもっと幸せそうな人に届けてもらいたいわ?!



届いたのは、市民病院からの特定疾患の書類だった。




私にもやっと届いたわ。





さて、県の保健福祉健康増進課に送らなくちゃ。
昨日の話(IBD外来)
昨日、初めて「神さま」?に会った。



AM10時半すぎ・・・ギュ?ギュ?なバスで病院に到着。



形成外科の予約は、11時。



受付機に診察券を入れた。



画面に出てきたのは、午後からのIBD外来の予約分だけだった。



早々と「ピコッ」と受付しといた・・・間違いなく一等賞?!




「すみません。形成外科を予約してあるんですが、画面に出てこなかったんです。」




受付さんに尋ねた。




形成外科にかかるのは初めてだから、新患受付をしなきゃいけなかったんだって・・・『そりゃそ?だよね・・』





形成外科の診察を終えたら、12時ちょい前だった。





トイレでの?んびりお化粧をして、ファミマでお茶を買って、IBD外来に向かった。




『まだ早いのにもう混んでる??!』





予約の1時まではたっぷり時間があったから、お茶を飲みながら恒例スピリチュアルタイム。(江原さん著)





そしたら前の椅子のおばさんが、ガサゴソと崎陽軒のシュウマイ弁当を食べ出したもんだから、気になっちゃってスピリチュアルどころじゃなくなっちゃったわ。



トイレに行ってウォシュレット三昧をした。



『え??!呼ばれてる??!』



『まだ1時じゃないのに?』・・・慌てたわ。



「は?い!」





看護師さん「〇〇〇〇さんですか?F島先生の診察でよろしければすぐに診察出来ますが、いかがでしょうか。」




「はい!お願いします。」




周りのみんながよく言ってるIBDの神さま?F島先生にお会いするのは初めてだった。




とある方?からお聞きした話だけど・・・F島先生は、この病院での月に2回の外来を無償でやってるんだって。



さすが神だわ。




K先生は、緊急の患者さんを診てるのか?まだ外来には来てなかった。




アナウンスが流れた。




「S田医師は、只今午前中ご予約のの患者さまの診察を行っております。S田医師の午後の患者さまの診察はF島医師が行います。」



混んでるはずだわ。




時代は、S田先生全盛期ね?!




もし私が「F島先生じゃ嫌ですっ!」って言ったら、あれからどんだけ待たされたんだろうか・・・



神の診察をお断りしたらバチがあたります。



F島先生「こんにちは?」



やせ型で白髪のお爺さん先生だった。




パソコンの画面を見ながら・・・「あら?怪我しちゃったんですね?大変でしたね?」



画面を覗いたら、形成外科の診察結果みたいなのが出てる??!



これが近代的な電子カルテってやつなのかしら?



何でも見れちゃうのね。



ど?やら神さまは、私と同じで、あまりパソコンが得意じゃなさそうだった。



「ほぼとゆ?か・・・年柄年中肛門が痛いです。」と言った私に、神さまは言った。




「この病院は、プロクトセディル軟膏を2週間分しか出せないとか・・・何だか変な決まりがありまして、患者さんにはご迷惑をかけて本当に申し訳ないです。同じ種類の薬で20gのチューブのを出しましょうね。」




そ?言って、パソコンであれこれ思いあたる薬名を入力してくれた。




けど・・「これも小さいのしかない・・これも・・・これも・・まったくほんと駄目ですね?この病院は・・・」




神さまが駄目ってゆ?んだから、きっと駄目なのね?!




どれもこれもプロクトセディル軟膏なみの2gくらいのしか扱っていないようだった。




「あの・・・アズノール軟膏を多めにいただければそれでい?です。」



7本にしてくれた。




そして神さま曰く、胆石は女性の方がなりやすいってことで・・・「検査しておきましょう。」




来週、超音波の検査をすることになった。



1年位前だったかな?いつだったかに検査した時は特に異常はなかった。



今回はど?だろな。



とりあえずは、私もやっと神さまに会えてよかったわ。



F島先生「検査の説明をしますので、外でお待ちください。」




「ありがとうございました。」





聞き忘れた・・・病院からいまだ特定疾患の書類が届いてないってゆ?ことをっ!




随分と待たされて、看護師さんに検査の説明に呼ばれた。




説明ってゆ?か・・・紙を渡されただけに等しい感じ。





「あの?お聞きしたいことがあるんですけどよろしいでしょうか。7月の初めに、特定疾患の書類をお願いしてあるんですが、まだ届いてないんです。」




看護師さん「IBDのですよね?まだ書けていていないものが1000通くらい棚にありますので・・・」





「それならい?んです。もしかして、どこかになくなってしまったのかと心配になっちゃいました。じゃ?待ってます。」





今日もまだ届いてなかったわ。





明日にでも、県の保険福祉健康増進課に連絡しとかなきゃ。






困ったもんだ。
形成外科外来
『雨で助かったかも?!』



AM9時半・・・雨が降る中スッピンでバスに乗った。




「1日乗車券をください。」




今日は、IBD外来。




そして・・・それに合わせて形成外科の予約をとってあった。




大怪我から2ヶ月が過ぎたけど、いまだ顔に残る傷あとがやっぱ気になっちゃってたまらない・・・私だって、一応女ですもの?!




あの大怪我の日から骨折を診てもらってた病院には常勤の形成外科の先生はいなかった。




悩んだ挙げ句・・・リンクさせていただいてるころさんが手術痕をきれいにしてもらえたってゆ?お話を思い出して、とにかくまずはY市民病院で診てもらおうと予約した。




今日は、午前中にその診察があるからスッピン。


陽射しが強かったらたまんないから、『雨でラッキ?!』




とっても優しい感じの男の先生だった。




丁寧な診察とゆっくりと説明をしてくれたから安心した。



私が気にしてる傷は、鼻の下と顎。




あと・・・腫れはひいたから見た目はわかんないけど、上唇の一部分が固くなっちゃってるみたい。



こ?ゆ?のを、しこってるってゆ?のかな?




鼻の下の傷は・・・「ご本人にとっては気になるのかも知れないけど・・・」と、前置きをされてから、お医者さんの見解ではもう傷とは呼ばないほどのものだと診断された。




上唇のしこりは、時間が解決してくれるから心配いらないらしい。




残る顎の傷がちと難題?




まだまだ傷が薄くなる可能性はあるらしいけど、1ヶ月後の診察で、また傷を診てから治療法を決めましょうってことになった。




レーザー治療か手術かだって。




どっちも痛そうだなぁ。



この病院は、紹介状がないと別途3150円の料金がかかるってあちこちに書いてあるから、会計はドキドキだった。



午後のIBD外来を終えて会計に行った。


会計はいつものIBD外来の金額だった。


私「あの?形成外科も診察して頂いてますが、入ってますか?」



「はい。形成外科の方は、本日はお会計はありません。」


得したような・・・?ここでツキを使い果した様な・・・?


まっ・・・いっか?!
うんこのお話
むか?しむかし・・・あれは確か・・1ヵ月くらい前だったかしら・・・?




娘「ちょっと?!きのうの夜、お風呂入ったら椅子の上にウンコみたいなのがあったんだけど?お母さんでしょ?!」




朝、顔を合わすなりいきなり娘にそ?言われた。


家族からすれば・・・ウンコ=私




仕方ないわね?UCだもの。





私「絶対違うもんっ!だって、私のあとすぐにかっくん(息子)が入ってたけど何にも言ってなかったもん!ウンコがあったらかっくんだって騒ぐはずじゃん!だから私じゃないもん!」





ってことで・・・娘の推理から、あれは息子のウンコだとゆ?ことに決まった。



息子は無実を訴え続けていたものの・・・口のたつお姉ちゃんには勝てず・・・だった。





あれから1ヵ月・・・今日はちまたの3連休最終日・・・なんかすご?く疲れて仕事から帰宅したら、予備校から帰宅したばっかの息子がご飯を食べていた。





だから、先にお風呂に入っちゃった。




さっぱりして出てきたら、次は息子が入って行った。




洗面所でドライヤーをしてたら・・・なんか騒がしい・・・?!



ドライヤーを止めて耳を澄ましたら、なにやら息子が風呂場で叫んでいた。



息子「おい?!これウンコじゃね?の??!ちょっと見に来いよ?!」



『あり得ないし?』



自信満々で見に行ったら・・・・私のウンコに間違えなかったわ。
(世の中に絶対はないのよ)





私「すみませんでした?それは、確かに私のウンコに間違えありません。申し訳ありませんでした。」



たとえわざとじゃなくても、悪い事は悪いときちんと認めないと子供も真似するでしょ?!




だから、さんざん謝ったわ・・・肛門の不始末を!





息子「この前のウンコもお母さんだろ??!俺のせいにされたんだぞ?!」



ま?身に覚えはないけど・・・肛門に覚えもないけど・・・そ?言われても仕方ないわね?!(やっぱ、私のウンコだったのかしら?)



だってさ・・・シャワーで肛門を洗うと、肛門がウォシュレットと間違えちゃうんだもんっ!




これぞ、肛門の条件反射ってやつよ?!




息子「俺、踏んじゃったんだぞ?!」



私「もしかしてそれは・・・ウン(運)がついたってことじゃな?い?受かるよ?きっと!」



万が一?息子が「MARCH」に受かったら、私のウンコのご利益よ?!
ロト6のお話
ついこの前のロト6で一等3億2千万円が2口出てた。



まるでドラマだわ。



『もしかして私かも??!』




ドキドキしながら照合した・・・「ロト6で3億2千万円当てた女」




ど?してかしら?なぜかしら?今回も私じゃなかったわ。






楽しすぎる妄想の世界から、厳しい現実へと連れ戻される木曜日の夜・・・私のテンションは下がりまくり。




だから私、木曜の夜は嫌いだわ。




懲りずに来週もクルクル回さなくちゃ・・・ミラクル羅針盤。





「ミラクル、ミラクル、ルルルルル?ン!」



当たったら肛門ものんびりさせてあげたいな。(ど?やって?
婦人科検診
昨日のお休みは、朝からドタバタ。


半年ぶりの子宮筋腫の検診と子宮がん検診。


毎度のことながら、どんな先生にあたるのかドキドキ。


「こんにちは。S原と申します。」


男の先生だった。



私「はじめまして。○○と申します。よろしくお願いします。」


生理の状況を聞かれて、次は内診。



私「あの・・・私はUCで・・・おととしにストーマを閉鎖したんです。」



このことは、内診前に言っとかないとね。


診察中にウンコ漏らしちゃっうかもしれないもん。


これで、先手必勝。



がん検診のために組織をとって、超音波をやった。


「もう生理がきますよ。筋腫はかわりないですので、このまま様子を見ていきましょう。」



がん検診の結果は、来月また聞きに行かなくっちゃ。



帰宅して、大急ぎで掃除開始。




そして1時・・・約束通りお風呂の修理屋さんがやってきた・・・綺麗に直してくれて・・・修理費23000円也。





3時・・・予約していた歯医者さんへ行った。




帰宅してトイレに行ったら・・・『キター!』




あの先生が言ってた通り・・・女の子の日がやって来た。





『あの先生・・・すごいわ・・・ノストラダムスなみね?!』





今日は、2日目とあって1日中すっごい生理痛だった。





おまけに雨が降ったりで、究極に眠たかった。



今も生理痛は止まず・・・



とにかく横になろうっと。



おやすみなさ?い!
事故米
20080909003845




「事故米ってゆ?のが食用に使用されてたって・・・で、何に使われたんだろね?」



息子「煎餅とか焼酎らしいよ。」



この三笠フーズとやらのニュースを見るまでは、私・・・事故米なんて言葉聞いたことなかった。




『事故ったお米・・?』




輸入米で残留農薬やカビが検出された物を、工業用限定で政府が売ってるんだって?!



記憶に新しい冷凍餃子の事件で、一躍有名になったあの「メタミドホス」とかゆ?のも入っちゃってたりするらしい。



それより、もっともっと怖い「アフラトキシンB1」とかゆ?のも入っちゃってたらしい。




あ?恐ろしい。





朝っぱらからテレビの前で、息子と二人で・・・「怖いよね?何て酷いことするんだろね・・・こいつら人殺しだよね?」




『私・・・お煎餅はほとんど食べないし・・・いつも飲んでる焼酎は芋焼酎だし・・・よかった?』




内心は、そ?と?安心してた。




今日も横浜は、朝から灼熱だったけど、体のためにせっせと歩いて仕事に向かった。




ランチタイムは、喉がカラカラになるほど忙しかった。




きっと週末が暇だった分の仕返し?!




夜は、ラストオーダーギリキリにバタバタだったし・・・とにかく今日は疲れたわ。





今夜も、一人こっそりと美味しい焼酎でも飲んで爆睡しようと企んでた。




実は、ここんとこ連夜このパターンで私はグーグー眠りについてる。




さっき奴がニュースを見ながらポロッと言った。




奴「さつまほうざんっ読むのかな?これ。」と呟いていた。




「薩摩宝山」は、私の愛飲酒。




わたし的には、美味しいし値段もお手頃で、私の買うお店では720ml瓶が1038円で、とにかく超?お気に入り。



「え??!さつまほうざん・・・って西酒造のさつまほうざんのこと?それってこれだよ?!これに事故米が使われてたってゆ?の??」




まだ半分くらい残ってる瓶を出してきて見せた。




奴「あ?ほんとだ?これだ・・・薩摩宝山だ。」



そのあと奴はネットで調べまくってた。



瓶を手に取って・・・「おまえ・・アウトだわ・・」




西酒造が事故米を使用した「薩摩宝山」の製造年月日を発表したらしい。

それは・・・「2008年6月13日?」だった。



ちょっと?まさにこれよっ!





も?瓶は捨てちゃったからわからないけど・・・私、今までだっていっぱい飲んできちゃったもん。




奴がゆ?には、事故米使用の薩摩宝山は一升瓶に換算して30万本が出荷されたらしい。



「おまえは、そ?ゆ?星の下に生まれたんだな?可哀想に・・・そろそろ宝くじも大当たりするんじゃない?!」



奴は、そ?言って笑ってたわ。



まだ瓶に残ってた薩摩宝山は、勿論ジャージャー捨てた。




も?寝るっ!
妹よ
「お姉さん、体はもう大丈夫なんですか?」



おとといの実家での夜・・・仕事を終えてやって来た妹の旦那が言った。



この男・・・O型の父とB型の母から生まれたB型。



「大丈夫だよ。だってお姉ちゃん、もうウンコ袋はなくなったんだよ。よかったよね。」・・・この女は、私の妹。




つまり・・・私と同じO型のサラブレッド。



けど・・・私と違って?見た目からして、もろガサツ。


ついこの前・・・娘がテレビを観ながら言ってたわ。



娘「何でキムタクがこれを選んだのか、ま?るで理解できないよね??!」


私「いい歳して、お下劣な感じだよね?」



娘「ひろこ(私の妹)みたいだよね?!」



ほんと・・・妹はあんな感じ。



妹に会うのは、大腸を取っちゃったあの大晦日以来。



あの日、この女はベッドで苦しみながら「大腸取るなんて、絶対ヤダっ!」って言ってる私に、こ?言った。




「取っちゃいなよ。先生もそ?言ってるんだし・・・そんなに苦しいんだし。私なら絶対取っちゃうよ。」




そ?言い残して「大晦日で忙しいし、バスがなくなっちゃう?」とか言って、とっとと帰って行ったのよ。



そのあとも、両親には「仕事でお見舞い行かれないけど、お姉ちゃんにお見舞い包むから持ってってくれる?」って、何度も言ってたらしいけど・・・結局ストーマ閉鎖するまでどころか、閉鎖し終って一年以上経った今日まで・・・包みどころか、な?んも来なかったわ。





こ?ゆ?い?加減な女の方が、なぜかそこそこラクして、い?生活してる気がするのは私だけかしら?!




そして必ず実家からの帰り際、冷蔵庫からビールや食糧を勝手に持ってっちゃう。





おとといなんて・・・パン好きな両親のために私がお土産に持ってったパンたちを持って帰ろうとしてたんですから。




悪気はないにしろ・・・ずーずーしいったらありゃしない。





一度しかない人生ですもの・・・この女くらい好きに生きたもん勝ちなのかも知れませんね。





大腸取って、ウンコ漏らしながらも毎日四苦八苦生きてる私がゆ?んだから、きっと間違いないわよ?!


(本日の日記は・・・四つの嘘 美波役(羽田美智子さん)風でお送り致しました。)
何が出るかな?
今朝は、実家から出勤。



JR蒲田駅までお父さんが車で送ってくれた・・・『ラッキ?』



通勤ラッシュの波に流れにのみ込まれながらも、転ばないよう細心の注意をはらってたから無事に出勤できたわ。




職場に着いて、まだ時間があるから駅前のパンやさんで買ってきた焼きたての「ジャーマンポテトパン」を食べた。



『これ、おいし?い』



そして、仕事前のウンコ。




ここんとこの肛門の調子は・・・・よくない。




携帯ウォシュレットで洗って、トイレットペーパーでチョンチョン。




仕上げには、いまだに欠かせないアズノール軟膏を塗った。



妙な手触りがした。




摘んでそっと引っ張った。





昨夜のエノキだと思ってマジマジ見たら・・・昨夜のしらたきだった。



エノキもシイタケもマイタケもシメジも、そして・・・しらたきも避けて食べたつもり。




なのに・・・出てきたわ?!




きっと、振り落としても肉に絡み付いてとれなかったやつね。



ランチタイムを終えて、ゆっくりウンコを出した。




またまたしらたきが出てきた。




でも引っ張ったら切れちゃって・・・残りは肛門の中に引っ込んじゃった。




今日の心残り。
到着?!
今日はお休み。



予約してた美容院で、カット&カラーをしてスッキリ。



なんたって、7月に行こうと思ってたら、転んで大怪我しちゃったもんだから・・・伸びまくってボサボサだった。



いつもの如く、出来上がりは大満足の自己満足。




そして、今日はその足で超?久々に実家に向かった。




とはゆ?ものの・・・『ど?やって蒲田まで行けばい?んだ・・・』



とりあえず江田駅に向かった。



蒲田までの切符を買って、乗り継ぎを確認して田園都市線に乗った。





間違えないようにドキドキしながら・・・大井町線、目黒線、多摩川線と乗り継いでやっと蒲田に着いた。




どれもこれも乗ったことない電車だから軽?い旅気分?!




「グランディオ」とか言って駅ビルが新しくなってた。



お土産に「アンデルセン」でパンを買ってバスに乗った。




何とか無事に着いたわ。



ヒールなんて履いてきちゃったもんだから、また靴ずれしちゃった。




今夜は、これから妹の家族も来て一緒にご飯。



私は今からその買い出しに行かなくちゃ。




今夜のメニューは、すき焼きに決定しました?!




買い忘れないようにしなくっちゃっね。
天高く・・・
ついこの前お正月だと思ってたら、も?9月になっちゃった。




「天高く馬肥ゆる秋」ってよくゆ?けど・・・ウチの古新聞はあとちょっとで天井まで届きそうだった。




薄々は気づいてたんだけど、月日はあっとゆー間に流れ・・・冷蔵庫と壁の間の絶妙なスペースは、とんでもないことになっちゃった。




昨夜から心に決めていた。



『明日こそ絶対にぜ?んぶ出すぞ!』



そして迎えた今朝。



小分けに縛った古新聞は、なんと10個。





意地で出したわ。




やっぱ・・・人生、楽を選べば必ず後でこんな風にツケがまわってくるのね?!