なでしこブログ 「UCとお呼びっ!」
潰瘍性大腸炎の私の日記 (切っちゃった大腸の12ヶ月とそれから)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IBD外来のお話
診察室入り口付近には主治医制ではないと散々うたってはありますが…



大腸切ったところから始まって…3回の手術をした中身を知ってる人に診てもらうのと、そ~でない人に診てもらうのでは患者にとっては安心感が違うわけよ。



例えそれが、イケメンと噂されてる人であってもね。


けど、意外にもとても丁寧な診察でした。



『K先生がいないならも~誰でもい~けどとにかく一刻も早く帰りたい…』



生半可に超音波検査が早く終わっちゃったもんだから、余計に待ち時間が長くなっちゃってグッタリだった。


おまけに満腹になったもんだから、も~疲れがドッと出ちゃって帰りたくなっちゃった。



やっと中待合室に呼ばれたと思ったら、そこからまた待たせるわ待たせるわ。



『こんなことに有給休暇を使ってしまった私はとんでもないバカタレかしら…』とか考えていたら、どこかで聞いた名前…?



中待合室に入って来た人をチラッと見ると…「あ~〇〇〇?」



「わぁ~久しぶりです~」




「今日はあまり待たないで呼ばれました。」




彼女は、大腸切っちゃった時とストーマ閉鎖にしくじった?時の入院で一緒だったいわば運命の人。




潰瘍性大腸炎のことをUCと呼び、クローン病をCDと呼ぶことも彼女から教わりました。




彼女は、今は2週間毎の外来だそうです。



私「でもさ~K先生いないなんてね~」


彼女「え~???ほんとですか~???」



響き渡った。




私「ほんと…受付のとこに貼ってあったよ?!」



彼女「え~それなら言ってよね~先生…だって2週間前は何にも言ってなかったよ。」


とゆ~わけで、今回の外来はK先生ではありませんでした。



腹部超音波検査の画像からは、砂のようなものはあるものの石は見られないとのこと。



血液検査の結果からも、胆石があるとは判断できないとのこと。



医師「肛門の診察しましょう~」


まさかの展開。



K先生だと必ず小指で診察ですが…きっと私の繋ぎ目のことを知らないんでしょうね…人差し指~?


あれから3日…肛門がヒリヒリピリピリです。



次の外来は、2ヶ月後。


有給休暇入れるのやめとこっと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

あら~K先生不在だったんですね。
小指とか人差し指とかわかるんですねv-405
お尻ヒリヒリは治るのにちょっと時間がかかりますよね。
キムチ鍋はしばらく食べないように気をつけてくださいね!
2011/12/12(月) 21:39:42 | URL | ころ #-[ 編集]
ころさんへ
こんにちは~ころさん。 v-415

おとといのウチの夕飯はキムチ鍋でした。 v-387

K先生の時は「小指にするからね」と前置きがあるので知っていますが、今回の先生の場合は何も前置きはなかったのですが、使っていない残りの指の感じ?から人差し指かと・・・v-219

2011/12/13(火) 10:42:54 | URL | なでしこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。