なでしこブログ 「UCとお呼びっ!」
潰瘍性大腸炎の私の日記 (切っちゃった大腸の12ヶ月とそれから)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紹介状
去年の今日の日記を見た。

もちろん手書きです。

「とても調子が悪く、M胃腸科に行ったらY市民医療センター内の難病医療センターへ紹介状を書かれた」と書いてあった。

思い出した・・・去年の12月初め、何だか風邪をひいたみたいだった。

「熱はないし。」といつも通りの慌ただしい生活をしてた。

そして去年の今日にあたる金曜日、なくなってしまった薬をもらいにM胃腸科へ・・ほんとは、もうその時の私は普通じゃなかった。

夜もしぼり腹でほとんど眠れず・・仕事中も腹痛で何度もトイレへ行っていた。

それなのに私は・・「病は気から」そんなおかしな言い伝えをまだ信じていたんですから・・・ほんと・・ばかっ!
(*UεU*)

M胃腸科にはUCと診断されてからすぐに通院し始めた。

毎度の診察はお決まりの問診と同じ薬を処方されるだけ。

結局去年までの発病から約1年半ほど通院してました。

「やだな?この病院」って感じてたのもあって去年の今日・・・私の顔を見てすぐに・・「紹介状を書きますから。」と言った名前も知らない医師の言葉を素直に受け入れた。

今ではやっと、あのときの決断も「運命だったんだ」って思えるようになってきた。

だって、あのまま、あの病院に通院してたらと思うと・・「あ?恐ろしい。」((_ _|||))

一青窈のハナミズキ・・・今聞いてたら・・涙でてきちゃった!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
難病患者は、最初にかかった病院、そこで出会った医師によって「運命」は大きく変わってきます。

病状を理解出来ないのに患者を放そうとしない病院、医者。あるのは歪んだプライドだけ。

そんな物の為に適切な初期治療が遅れ大きな後悔だけが残ります。
「あの時、病院を・・・・」

紹介状を書いてくれた「名前も知らない医師」に感謝!
その言葉を素直に受け入れた「自分」を褒めてあげましょう。

「運命」を変える事が出来たのはあなたの「決断」です。

ちょっと堅かった?

2005/12/10(土) 01:11:30 | URL | しまねずみ #-[ 編集]
堅くないですよ。しまねずみさん。

(^_-)-☆

私よりたくさんのお医者さまをみて、たくさんの病院を知ってるしまねずみさんのお言葉ですから、素直に聞けますよ。(*^。^*)何か・・・私も堅くなっちゃった?
2005/12/10(土) 01:22:53 | URL | なでしこ #-[ 編集]
数ヶ月前の文に比べたら色とか顔文字とか使ってるし
改行してるしだいぶ見やすくなったのね
2005/12/10(土) 01:49:38 | URL | こうたろ #zgdJJIl2[ 編集]
「こんばんは。こーたろうくん。」
バカにされたって、私は「頑張るぞー。」少しでもみんなに、追いつけるように・・・来週末から、こぐま座流星群が見えるらしいよ。
☆キラリーンッ!「こーたろうくんに、バカにされませんように」(笑何
2005/12/11(日) 00:46:12 | URL | なでしこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。