なでしこブログ 「UCとお呼びっ!」
潰瘍性大腸炎の私の日記 (切っちゃった大腸の12ヶ月とそれから)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手術
今日は、息子の入院、手術です。

入院当日に、手術ってあるんでしょうか・・かなりの強行スケジュール。

「朝9時までに、受付してください。」
入院案内に、手書きで付け加えられていた。

『保証人サインよしっ、お金よしっ、診察券は?』

「俺、もらってないぞ、病院から、診察券!作ってないんじゃないか?」先日、病院に付き添った奴が言った。

「いや作ったよ。でも俺、今、持ってないよ!」息子が言った。

私「この前、病院の領収書出してた時、確か見かけたよ・・きっとあるよ。お財布に入ってるんじゃない?!」

「じゃ?、俺だって言うのかよっ!ないよ!見てみろよ!」奴は自分のお財布の中身をバラバラ出し始めた。「ほらっないだろ!」


「俺、看護師さんに渡したよ。その後、お父さんがもらってないなら、病院にあるんじゃない?」息子の一言で決着はついた?!

と、思いきや・・・「二人して、俺を犯人扱いしやがって、失礼だ!謝ってほしいな!」切れ気味っ。

「どーもすみませんでしたっ!私の勘違いでしたっ!申し訳ありませんっ!」

さて、出発。

息子と顔を見合わせて玄関でクスクス。


「いいじゃんなー、もう、事は解決したんだからさ?」息子がポツリと言った。


「それは、たぶん私たちO型だけの考え方なんじゃない?!」笑



外は、今日も朝っぱらから、暑かった。

外から見たことはあるけど、私、その病院に行くのは、初めてだった。

受付を済ませて、病棟へ案内された。

満室の6人部屋。


入り口側のベッドのお二人にご挨拶をして、真ん中が、息子のベッドだった。


奥の二つ・・カーテン閉まってる・・いない?


「カーテンが閉まってるんだから・・」と、小さな声で引き止める息子を振り払い??心の中で『やっぱ、最初の挨拶が大事でしょ??』


「失礼しまーす!」チラっと、覗いたら、いたいたっ、奥の二人とも。

「今日から、息子がお世話になります。〇〇と申します。よろしくお願いします。」

これで安心、自己満足、よしっ!


主治医の先生がいらした。私は,お会いするのは,今日が初めてです。

「〇〇です。息子がお世話になります。よろしくお願い致します。」

とても感じのよい、見た目は、50代半ばくらい?の先生だった。

「11時半からの手術になりますので。」

「???」

奴から聞いていたのは「最終手術のそのまた後だって言ってたから、夕方すぎだよ。」

だから、びっくりした。

その様子を察したのか「早く出来ることになりましたので。」と先生。

息子は早速、着替えと点滴。

あっという間に、手術室に、運ばれる時間になった。

手術室前で「じゃ?がんばってね。」

しかし、参った・・・こちらの病院、売店もなく・・あるのは1階に2台の自動販売機だけだった。



「〇〇さん、先生からの手術後の説明は全ての患者さんの手術が終了した後になりますので。」と看護師さんに言われた。


その1時間後、別の看護師さんが呼びにきた。「〇〇さん、手術が終りました。今から先生からお話がありますので。」

「???」


手術時間といい、説明時間といい・・・変更が激しすぎっ!


蓋付きのコップみたいなものに入れられた、息子の左腰のでっぱりだった骨は、カリフラワーそっくりの形をしていた。

どうやら悪性ではないようですが、念には念をで病理検査に出すそうです。



1度帰宅して、ちこっと家のことを済ませ、麻酔がきれる頃を見計らってまた息子のもとへ。


ナースステーションのとなりの回復室には、次々と術後の患者さんが運ばれてきた。


「もう帰っていいよ!話てると、皆にも迷惑だから。」

息子に、そう言われて渋々と帰宅した。

それにしても・・病院も色々で、勉強になりました。

息子のベッド、狭くて固そうで、何かの収容所みたいな感じ?!


私の病院は、大部屋でも4人だし、ベッドは広くて、頭も足もリモコン一つで自分で上げ下ろしできた。

テレビも天井からぶら下がる液晶だった。

私は、特定疾患だから気付かなかったけど、同じ手術で、入院中の治療も同じでも、病院によって入院費って、変わるんでしょうか?ね。

この疑問て、どうやって調べたらいいのでしょうか・・・?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ほっ!
取り敢えず経過は良好みたいだね。
良かった~!

でもコロコロ変更が続くね。
まあ良い方への変更だから良かったのかな。

早く退院出来ると良いね。

頑張ってね!
2006/08/25(金) 00:03:46 | URL | しまねずみ #-[ 編集]
しまねずみさんへ
ありがとうございます。v-290

今日面会に行ったのですが、まだ歩くのはダメなんだそうです。

腸の手術後とは、またちょっと違うのですね~v-388

看護師さんに聞いたら、何を食べても、何を飲んでのいいそうで・・・「炭酸もですか~?」って言ったら「はい!」だって。

でも、息子は何も食べず、お茶しか飲んでいません。

精神的にやられると、いっつもそうなんです。まいります。v-409

2006/08/26(土) 00:16:33 | URL | なでしこ #-[ 編集]
病院によって
お疲れ様でした!

手術って体力と気力と両方とも必要なんでしょうね。

手術後に摘出した物を見せてくれるのはどこの病院でもそうなんでしょうか・・・?

他の病院の料金も気になりますね。

内臓系の手術とそれ以外では食事が全然違いますね。

売店e-290物色は入院の時のお楽しみになる為コレが無いなんて、入院生活がだいぶ違っちゃいますv-393
2006/08/26(土) 10:41:07 | URL | しじみ #QZfi5Q4g[ 編集]
しじみさんへ
私、自分の大腸は退院の日の朝、K先生が写真を見せてくれました。

家族は、現物をその場で見せられたそうです。v-40

雑誌とか・・入院してても、自分で選んで買いたいですよね。長期の入院だったら、ちと辛いですよね。v-395



2006/08/27(日) 00:44:59 | URL | なでしこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。