なでしこブログ 「UCとお呼びっ!」
潰瘍性大腸炎の私の日記 (切っちゃった大腸の12ヶ月とそれから)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうすぐお風呂。
遠くの方から女の人の叫ぶ声が聞こえていた。

「すみませ?ん、誰か?誰か?」そんな風な声だった。

夢か現実か、区別もつかないほど、まだ私は、グーグーしていた。

ふと目を開けると、まだ病室も真っ暗で、静まりかえっていた。

やっぱり聞える。

「誰か?誰か?」

布団をひっぺがして、急いで廊下に出た。

誰もいなかった。

「すみませ?ん、誰か?」

声のする方へ行ってみると・・・・どーやらこの中らしい。

それは、トイレ。

ナースステーションに行ったけど、誰もいない。

見渡す限り、看護師さんの姿はない。

「大丈夫ですか?」外から声をかけてみた。

そうこうしてると、男性が一人駆け付けてくれて、看護師さんを探しに行ってくれた。

最初の説明で、そこの広々した個室トイレは、体調が悪いか、お腹の調子が悪い人優先と聞かされていた。

大丈夫な方は、なるべく、普通のほうのトイレを使用してほしいと、言われていたから、私は入ったことはなかった。

男性が看護師さんを連れてきてくれた。

幸い、中から鍵をかけていなかったようで、扉は開いた。

開けると、女性がトイレの床に、点滴の棒ごとひっくりかえっていた。

体力もなかったようで、起き上がることができなかったみたい。

その女性も、潰瘍性大腸炎だそうです。

そんな目覚めの朝だったもんで・・今頃になって、眠たくなってきちゃった。

でも、寝ちゃいられません。

1時半から手術前の入浴で、へその掃除と、剃毛しなくちゃならないんでーす。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
びっくり
夜中にたすけを呼ぶ声なんて ・・・しかも病棟で・・・ 怖さ増しますね v-404

それにしても ひっくり返っちゃうほど広いトイレなんですか 危険ですね 
看護師さんがいなかったなんて それも体制的にどうかと思いますねv-393

自分がいつも入院する病院とやっぱりなんか比べちゃってます イケナイ私ですv-390

剃毛って自分でやるンですか~ v-361 あ でも人にやってもらうのもイヤですね 笑
2006/12/21(木) 20:18:43 | URL | しじみ #QZfi5Q4g[ 編集]
しじみさんへ
夜中じゃなく、朝方だったんですが、倒れた位置から、ナースコールが押せなかったみたいです。

大事に至らなくて、よかったです。

仕方ない、ここは、IBDの手術数が日本一が売り物なんでしょうから。

しばし、我慢します。(^。^;)
2006/12/21(木) 21:40:53 | URL | なでしこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。