なでしこブログ 「UCとお呼びっ!」
潰瘍性大腸炎の私の日記 (切っちゃった大腸の12ヶ月とそれから)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痔ろう・・・?
緊張がとけたせいか、安心したからか、はたまた早起きのせいか・・・帰宅したらドッと疲れた。


ちょっと前から、そーだったけど、ここんとこ、お風呂に入ってお尻を洗うと、肛門のまわりのもっこりの膨らみがますます大きくなってる感じがしてた。


しかも、ウンコをしてウォシュレットをすると、しみるような我慢しがたいかゆみに襲われる。


以前から、しつこいくらいに、「痔ろうには気をつけろよ。」と言ってる奴は、「それは、間違いなく痔ろうだから、さっさと病院に行って診てもらえ。」と、しつこかった。


よっぽどの腹痛とか高熱とか以外は、急に仕事を休むのは、私の生き方ではないから、奴からそー言われても、さらさら病院に行くつもりはなかった。



それに、どっちみち来週には、K先生の予約外来があるんだし、その時診てもらえば十分だと思ってた。



そんな態度の私に奴が言った。「ネットで痔ろうを調べてみなよ。」

その一言が始まりで、私の不安は爆裂した。


だって、痔ろうの画像まで見ちゃったら、怖くなっちゃった。


そして、『とにかく早めの診察がなによりです。』とあった。



痔ろうになる要因の中の「下痢ぎみである」「勢いよく便を出す」は、私にあてはまる。



私の場合、下痢と呼ぶのかは、わからないけど水っぽい便だし、勢いよく出してるわけじゃないけど、便と一緒に勢いよくガスがブリブリッと出てくる。



しかも、痔ろうの症状の中に、かゆみがあるとあった。



膿が出るとか、熱が出るとか、触ると痛いとかはあてはまらないけど、不安な時って一つでも思い当たるふしがあると、気になってしょーがない。



しぶしぶ、しょんぼりと、今日は、お昼は、仕事を休んで、予約なしの外来に向かった。


前に一度、予約なしの月曜の午前の外来に行ったことがあった。


その時の待ち時間は1時間くらいでカリスマ?S先生の診察だった。


今日は、なるべく早く受付を済ませたいから、8時ちょいには、ウチを出た。



その時間は、まだ外科外来には、看護師さんはいないから、電話はしないで勝手に向かった。


外科外来に行くと、今日の午前の医師の名前に、S先生の名前はなかった。


看護師さんに、「どうしましたか?」と聞かれて「肛門まわりが腫れているので、予約はしていませんが、診ていただきたくて来ました。」


「IBDですとS先生とかですよね?」



私「はい。でも、今日は、どの先生でもいいです。」



S先生がいなきゃ、あとは、IBDの外来専門の先生しかいないはずだけど、会ったこともないけど、この際とにかく診てもらいたかった。



待つこと2時間。



バックに入れてきた「スピリチュアル処方箋」を、読みふけった。

どーしようもなく不安になった時には、必ずこの本は、登場する。そーです・・・もちろん江原啓之著。

久しぶりにこの本を読む気になった今日の私は、診察が怖くてたまらなかった。



名前を呼ばれて診察室に入ると、そこには、入院中も、前回の外来でも診てもらったIBDチームのO先生がいた。

私「あれ?今日は、先生いらっしゃったんですか?」

「そうなんです。今日は、助っ人です。」

ホッとした。

早速、症状を話して、お尻の診察をした。

O先生は、肛門に棒?みたいなのを入れて「懐中電灯ある?」と看護師さんに言っていた。

だから、それで肛門の中を見ていたのかな?



「念のためにもう一度聞きますが、熱は出てないですよね?」

私「はい。痛くもないし、熱も出てません。」




「痔ろうの可能性も、あります。けど、今の時点で、そんなに不安になることもないですし、何をしなくてはならないとか、手術しなくてはならないとか、そういう状態ではないですよ。ほとんどの方は、ここから治りますから。普通に生活していて大丈夫ですよ。今日は、塗り薬をだしますね。」



ちと安心しながら、急いで帰宅した。



ウチに着いて、買ってきたお弁当を食べてたら、幸せな睡魔がやってきた。



少し昼寝をして、夕方、仕事に向かった。



安心して仕事ができた。



やっぱ、今日、行って診てもらってよかった。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
良かったね(^_^)v
「案ずるより産むが易し」

ってやつですかね。
良かった。
来週に後回しにしてたらまだまだ心配で不安いっぱいな日々が続いていた訳ですからね。

「奴さん」に感謝ですよ(^_^)v

腸の病気をやってる人の痔瘻率?はかなり高いみたいですので「お尻」には優しくね。

2007/03/06(火) 00:41:21 | URL | しまねずみ #-[ 編集]
よかったー
あれこれ自分で考えるよりもドクターは素早く納得できる答えを出してくれますよね

悩んでいるなら、さっさと診察に行っちゃった方がイイものの
自分のスケージュールもあるしなかなかそうも行かないんですよね・・・

潰瘍性大腸炎に関わらず早めの受診が早期回復の鍵とも言いますね
2007/03/06(火) 11:17:59 | URL | しじみ #QZfi5Q4g[ 編集]
痔ろう
痔ろうですか....全然知りませんでした。

大腸全摘の手術前の説明の時でも、痔ろうの話なんか出なかったし....せいぜい脱水症状には気をつけるようにって言われたくらいだったし。

これからインターネットで調べます。

うーん、でもやだなぁ。手術しちゃえば病気の心配しなくて済むと思ったのに、まだまだ注意しなくちゃいけないんですね。

ハァ~。v-390
2007/03/06(火) 20:41:26 | URL | しぇるあ #-[ 編集]
しまねずみさんへ
痔ろう率高いんですね~v-12怖いな~v-406
ほんと、昨日、行って安心しました。悩みながらじゃ、仕事も中途半端になっちゃいますもんね。v-408
でも・・・治るといいんですが・・・v-292




2007/03/07(水) 00:20:43 | URL | なでしこ #-[ 編集]
しじみさんへ
痔ろうで、手術しなきゃいけません。なんて言われたら、今はショックが大きすぎるから、行くのモタモタしてたんです。v-100
だめですね~私。v-409
どっちみち病気になっちゃってるんだったら、早く診てもらったほうがいいにきまってるのにね。v-388


2007/03/07(水) 00:25:41 | URL | なでしこ #-[ 編集]
しぇるあさんへ
私は、以前主治医からちょっとだけ痔ろう、聞いたことはありました。v-218
でも、これCDの方に多いみたいです。
一緒に入院していた方の中にも、結構いました。 
私も、まさかと思ってたので、痔ろう?かな?って思った時、せっかくこの前退院してきて、やっと調子が出てきたとこなのにっ、って、しょんぼりでした。

このまま、ひどくならないことを願うしかありません。v-421
2007/03/07(水) 00:31:38 | URL | なでしこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。