なでしこブログ 「UCとお呼びっ!」
潰瘍性大腸炎の私の日記 (切っちゃった大腸の12ヶ月とそれから)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
婦人科外来です。
肛門がキューンとしながらも、まだまだ眠たくてグースカしていた。

AM7時、しぶしぶ起きてトイレに行った。



『うぁ?!』びっくりした。



だって、眠る時にしてる生理用ナプキンに、ウンコがベッタリ。



ここまで出しといて、よくもまぁーいけしゃーしゃーと、あんなに眠れたもんだと、我ながら感心した。


しかも、今日は、婦人科外来。

こんなに、漏らしてて、内診の時大丈夫かと、朝からまた憂鬱だった。



ランチタイムを終えて、すぐに病院へ向かった。



『早めに着いとけば、予約時間よりも早く診てもらえるかも・・・?』

なんてことは、甘い考えだった。



呼び出しベルが鳴ったのは、予約時間をちと過ぎていた。


だから、私は、約1時間「スピリチュアル処方戔」を読みふけっていたことになる。


診察室に入って、ドキドキ。『言わなきゃ、痔のこと・・』



ここんとこ、3回連続で、この男の先生だ。

とてもいい感じの先生です。



「じゃー超音波で、診てみましょうね。」



私「あの?ストーマを閉鎖してから、便が水っぽくて、今、私、すごい痔なんですけど、よろしいでしょうか?」



「そんなこと、私のほうは、まったく問題ありませんよ、大丈夫ですよ。」

内診が始まると、カーテン越しに先生が言った。

「痔、そんなにひどくはないですよ?!」



私「そうですか・・?」

内診では、特別な異常は、なかった。



詳しい結果は、また後日に来院とゆーことで、その時に「ホルモン検査」を、することになった。

内診を終えてホッとしたもんだから、さっさと帰宅して、お昼ご飯を食べたかった。

だから、聞くの忘れちゃった。

ホルモン検査って?どんなことするんだろう・・・こわい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
内診の時
婦人科の内診中に話しかけられるのが凄くイヤなんです
でも頑張って無理してドクターに応対してます
緊張しないように話しかけるらしいのですが 私は余計に緊張してます v-393
ほんとうは話しは内診後に集中してやって欲しいんです v-426
2007/03/10(土) 11:13:55 | URL | しじみ #QZfi5Q4g[ 編集]
しじみさんへ
そうそう、診てもらってる場所が場所なんですから、
ちょっと、話しかけられても、返答するのに声を出したくないって感じです。v-402

でも・・・優しい医師ほど、リラックスのために、話かけてくれるんでしょうね~きっと。v-413

複雑な心境ですよね~v-408
2007/03/10(土) 16:08:13 | URL | なでしこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。